カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. デリケートゾーン >
  4. 一体何?陰部にできたおでき?!がんなどの重い病気である可能性も…

女性のカラダの悩み

一体何?陰部にできたおでき?!がんなどの重い病気である可能性も…

陰部は粘膜や分泌腺、排泄器官があったり、さまざまな刺激を受けやすく、細菌やウイルスの感染も起きやすい環境であります。できものができることも多いようですが、病院に行くのは気が引け、悪化するまで放置してしまったというケースも少なくないようです。

 

中には放っておいても自然治癒したり、経過観察で問題がない場合もありますが、時には重い病気が原因となっていることもあり、早めに治療を開始すべきだというケースもあります。そういった病気の中に「ベージェット病」と「外陰がん」があります。

 

■ページェット病 

んの一種であり、初期にはかゆみや変色、熱を持つなどの症状があらわれます。進行すると痛みが発生したり、赤みのある湿疹のようなものができます。乳房にできることが多いですが、それ以外だと外陰に発生することが多いようです。

 

原因は現在のところ解明されていませんが、汗腺の一つである「アポクリン腺」に関わる細胞が変質して、がん化するのではと考えられています。閉経後の女性に発症することが多いようです。

 

軽度のものであれば、病変部とその周辺を多めに切除することになります。重度になると、リンパ節への浸潤がみられたり他の臓器への転移もおき、治療が難しくなることもあります。

 

陰部のかゆみや違和感が長く続くようであれば、恥ずかしいからと受診を先延ばしにせず早めに治療を開始することが重要です。


■外陰がん

まれではありますが、できものだと思っていたらがんだったという場合もあります。初期症状は、かゆみが出たりコブ状のものやできものができることです。進行すると潰瘍ができて痛みを伴ったり、熱をもったりするようになります。

 

50歳以上の女性に多くみられます。はっきりした原因はわかっていませんが、ウイルスや炎症がきっかけとなって発症するのではないかと考えられています。進行度が進むにつれ摘出する範囲も広くなります。なかなか解消されないかゆみや腫瘍のようなものを見つけたら、早急に受診しましょう。

 

これらの異変に気がついたら、まずは産婦人科を受診するとよいでしょう。

(Photo by:足成

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

デリケートゾーン に関する記事

デリケートゾーンにトラブルが多い理由

  生理中やそうでないときであっても、においやかゆみといったトラブルが起きやす...

ビデ機能を使い過ぎていませんか?女性のウォシュレットの落とし穴!

においが気になる、デリケートな部分がむれてしまってかゆい、など、特に暑い時期は気...


石けんや洗い方に注意!デリケートゾーンを洗うポイント

デリケートゾーンはなかなか恥ずかしくて友達同士でも相談しにくいところですが、...

かゆみ防止・対策法

  デリケートゾーンのかゆみは放っておくと悪化することがありますし、女性の場合...

カラダノートひろば

デリケートゾーン の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る