カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. 夏の水分補給は大事!子供の脱水症状を見分けていち早く対処しよう!

育児・子供の病気

夏の水分補給は大事!子供の脱水症状を見分けていち早く対処しよう!

  

子供の場合、自分が脱水症状を起こしていても気づかない場合が多くあるので、保護者や周りの大人が気づいてあげなければいけません。。今回は、子供の脱水症状の見分け方についてご紹介します。

 

子どもの脱水症状の見分け方

・不機嫌なままでいる。赤ん坊の場合はあやしても泣きやまないといった行動をとる。
・食欲がいつもよりない。
・涙がほとんど出ないのに泣いている。
・睡眠時間がいつもより多い。
・汗が出ていないのに熱がある。
・おしっこの量がいつもに比べて少ない。
・おしっこの色が濃い。
・便が硬かったり、ウサギの便のようにころころしている。
・口や鼻の中がいつもより乾いている。
・舌がいつもより白い。
・皮膚にハリがない。

 

普段から予防を心がけよう

子どもは体温調節機能がまだ未発達です。脱水症状が起こっていない時でも、夏場は水だけでなく電解質(ナトリウムやカリウム)をお子さんに食べさせる・飲ませるように意識してください。エネルギー代謝も活発ですので、体は小さくてもたくさんの水分が必要です。子どもの体調変化は大人よりも急激に進む傾向があります。上記のような行動までいかなくても、いつもより食欲が落ちていたり、いつもより笑わなかったり吸う場合は水分を与えてみましょう。経口補水液を利用するのも手です。水分補給を嫌がっていても、スプーンで少しずつ飲ませたり、お母さんが飲んでみせたりすると効果があるかもしれません。

 

子供は体の機能が未発達で、大人よりも脱水症状を起こしやすい状態です。お子さんがいる方は、夏場の水分補給に気を配ってあげてください。

 

(Photo by:足成)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他の子供の病気に関する記事

原因は飲み物の回し飲み!?伝染性単核症と診断されたら…登園・登校はいつからOK?

伝染性単核症とは、EBウィルスという菌に感染することによって起き、咽頭炎・発熱...

子どもは脱臼になりやすい!赤ちゃんと幼児期、それぞれの注意点・チェック項目

子どもは大人に比べて脱臼を起こしやすく、また、一度脱臼を起こしてしまうと再発し...

その他の子供の病気の体験談

初めての熱で大慌て!!

上のお兄ちゃんが1才になる前に一度熱を出した時のことです。 いつもより機嫌も悪く、よく泣いていたの...

生後1か月での高熱の怖さ。

二人目が産まれて1か月経ったとき、急に40℃近くの高熱が出てかかりつけの小児科へ。 普通の風邪だと...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る