カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 爪を押して色が白色からピンク色に戻るまで3秒以上かかる?!高齢者の脱水症状の見分け方

介護・認知症

爪を押して色が白色からピンク色に戻るまで3秒以上かかる?!高齢者の脱水症状の見分け方

  

高齢者の方は感覚が鈍くなってきているため、脱水症状に気づかない場合が多いようです。周囲の方が早く気付く必要がある場合があるため、今回は高齢者の脱水症状の見分け方についてご紹介します。

 

行動による見分け方

高齢者は水分を体にとどめる機能が弱くなってきており、脱水症が起こりやすい状態です。また、感覚も鈍くなりつつあるので、高齢者自身が気づかないうちに脱水症状を起こしている場合があります。

 

・いつもより食欲が低下している

・いつもより元気がない

・居眠りがいつもより多い

・いつもよりしゃべるまたは無口である

 

といった生活の様子が変化した場合は、脱水症状を疑ってみましょう。

 

体の変化による見分け方

体に現れる症状としては、、、

 

・頭痛や筋肉痛などを訴える

・尿、ヨダレの量が減っている

・便秘

・微熱

・脇の下や口の中が乾いている

・暑いのに汗をかかない

・体重が減少した

 

などがあります。

これらの症状が見られた場合は、、水分補給を促してください。

また、以下の症状が確認された場合は必ず水分補給を経口補水などを行ってください。

 

・脈拍数が120回/分以上体温が37度を超えている

・爪を押して色が白色からピンク色に戻るまで3秒以上かかる

・部分的もしくは全身のけいれんがある

・意識が低下している

 

などです。このような状態が見られた場合は、医療機関に行くことをおすすめします。

  

高齢者の方といっしょに住んでいる方は、脱水症状の合図に気をつけてみてください。また、不安な時は医療機関を利用するようにしましょう。

  

(Photo by:足成

著者: いおさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏に関する記事

高齢者の「頑張らない」夏バテ予防法とは?体温調節機能の低下による不調

体力や、体の機能が若いころとは違う高齢者が夏バテを予防するためには、「無理を...

高齢者の夏バテ予防には栄養ドリンクがおすすめ!不足しがちな水分を補うポイントとは

夏になるとたくさん汗をかきます。高齢者も同じでたくさんの水分を不足しがちになっ...


高齢者の夏バテに見られる症状は?いつ病院へ連れて行けばいいの?

高齢者にとって、夏バテや熱中症は死に至るかもしれない危険なものです。高齢者の夏...

栄養不足や睡眠不足…高齢者の夏バテを防ごう!!夏風邪も夏バテの症状!?

  夏バテの症状には、食欲不振や下痢、消化不良、倦怠感などがあります。さらに夏...

カラダノートひろば

夏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る