カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. レシピ >
  5. 健康増進 >
  6. 優しい味で頭も活性化♪受験生のお夜食におすすめのあったかほんわかツナ雑炊

健康診断・健康管理

優しい味で頭も活性化♪受験生のお夜食におすすめのあったかほんわかツナ雑炊

受験生のお夜食は、胃に優しく脳にもいいものを食べさせてあげたいですよね。

頑張る受験生のお子さんのための夜食に、ツナ雑炊がおすすめです。

 

●あったかほんわかツナ雑炊

・材料(1人分)

ご飯…100-120g

出汁…100-120ml

醤油…小さじ2分の1

ツナ水煮缶…2分の1缶

塩こしょう…少々

ごま…少々

卵…1個

 

・レシピ

1.出汁とご飯を入れてひと煮立ちさせる

2.水分を切ったツナを入れて、ゆっくり加熱する

3.醤油を回しいれて、軽く混ぜる

4.溶いた卵を入れて、卵がお好みの感じになるまで煮る

5.最後にごまを振って完成

 

●レシピのポイント

・脳の栄養を摂取できるご飯…勉強で疲れた脳に足りないのはブドウ糖で、これは脳にとっては唯一の栄養分でもあります。

ご飯にはブドウ糖が含まれるので、脳の働き、特に思考の速度が速くなるメリットがあります。

・卵で集中力を向上…ご飯が脳全体の栄養となるなら、卵は脳の中でも記憶力や集中力をアップさせる手伝いをします。

卵の黄身に含まれるレシチンは、脳内の神経伝達物質を増加・活性化させてくれます。

・ツナに含まれるオメガ3脂肪酸…ツナに含まれるオメガ3脂肪酸は、アルツハイマーなどの脳の病気を予防する力があると言われています。もちろん、受験生の脳の活性化にもピッタリです。

 

あったかほんわかツナ雑炊は、名前の通りやさしい味わいですので、夜に食べるにも向いています。

食べる量が少ない子の場合は、ご飯の量を少し調節してみてください。

また、出し汁を中華出汁に変えて、水を100-120ml入れると、同じツナ雑炊でも中華風の仕上がりで、バリエーションが楽しめます。

味が薄いなと感じる場合には、最後に軽く塩こしょうを振って混ぜるのがおすすめです。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

健康増進に関する記事

自分好みのドライフルーツを作りたい!自宅で簡単★オーブンを使って作れるドライフルーツ

よくパウンドケーキなどに入っているドライフルーツ。甘くて、酸味もあって、女性は...

食べ合わせで健康に! たこ

  毎日する食事だからこそ、レシピを工夫して、様々な食材が持つ天然の栄養素バラ...


主婦必見!丸ごと美味しく、エノキの軸を使ったステーキのレシピ

近年多くの食事が廃棄されていることから、食材を有効活用しようという動きが大き...

こんな食品の組み合わせで、LDLコレステロールが下がる!

LDLコレステロールが高めと診断されたら、食事や運動に気をつけなければなりま...

カラダノートひろば

健康増進の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る