カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. 好き嫌い >
  5. 野菜嫌いでも食べられちゃう☆ふわふわ甘いキャロットケーキを作ってみよう!

育児・子供の病気

野菜嫌いでも食べられちゃう☆ふわふわ甘いキャロットケーキを作ってみよう!

子どものおやつに大事なのは、栄養価とおいしく食べられることの2つです。

あまり子供が食べたがらない『野菜』を使った、おいしく食べられるレシピを紹介します。

 

にんじんのえぐみなし!ふわふわ甘いキャロットケーキ

・材料(15号の丸型のデコ型)

にんじん…1本

バナナ …2本

シナモン…適量

粉砂糖 …適量

 

A)

ココナッツオイル(オリーブオイルでも可)…大さじ2

蜂蜜   …大さじ2

レモンの皮…半個分

卵    …2個

 

B)

薄力粉…150g

ベーキングパウダー…小さじ1と2分の1

 

作り方

1. にんじんの皮をむき、すりおろす

2. A)の材料と、にんじんをミキサーに入れる

3. ボウルにバナナを入れて潰す

4. 混ざり切った2の材料と、B)を入れる。B)は振るいながら加える

5. 粉っぽさがなくなったら、型に入れる

6. 160度で余熱をしたオーブンで45分程度焼く

7. 焼き上がり、ある程度覚めたらシナモンと粉砂糖をかけて完成

 

レシピの特徴

・カルシウムや食物繊維も含むにんじん!

子供の嫌いな野菜のイメージがあるにんじんですが、カルシウム、ビタミンA、食物繊維などが豊富に含まれています。健康な成長のためにはもちろん、腸の力がまだあまりない子供の便秘にもよく効きます。

 

・腹持ちもよく健康に良いバナナ

甘くて食べやすく、腹持ちのよいバナナは、骨の形成を助ける働きがあります。骨が完全に育ちきっていないお子さんにこそ、バナナはおすすめの食べ物です。

 

また、バナナは神経の興奮を鎮める力もありますし、免疫力を高める力もあります。総合的に見て、お子さんからお年寄りまで、広くおすすめしたい食べ物と言えるでしょう。

 

今回紹介したキャロットケーキは、バナナの自然な甘みがにんじんのえぐみを消して、野菜嫌いの子でも手軽に食べられる味です。甘いものが好きなお子さんなら、生クリームを少量つけるのもおすすめです。 

(Photo by:pixabay

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

好き嫌いに関する記事

魚は食卓にあがる?旬の魚を食べさせたい!ついでに鉄分対策もしちゃおう!

 お子さんに魚は食べさせていますか?最近は学校の給食で、「骨があるから」といって...

これは知っておかないといけない!幼児期の成長に必要&不足しやすい4つの栄養素

  お子さんの食事の中で不足している栄養素はありませんか?そうはいっても、毎日...

好き嫌いの体験談

緑のものを食べない!娘の離乳食の好き嫌い

離乳食の頃は好き嫌いのようなことはなかったと思うのですが、同じ食事になってからイヤイヤが出てくるよう...

子供に野菜を食べさせる!食べてくれた幼児食をご紹介

正直言うと私は昔から野菜やフルーツが苦手です。 結婚して主人のご飯を作るようになり、これではだ...

カラダノートひろば

好き嫌いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る