カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. レシピ >
  5. 暑い夏には欠かせない!ひんやり杏仁豆腐×フルーツの組み合わせがオススメ

育児・子供の病気

暑い夏には欠かせない!ひんやり杏仁豆腐×フルーツの組み合わせがオススメ

暑い夏には大人も冷たいものを食べたくなりますが、子どもにとってもそれは同じです。

夏だからこそ食べたい、ひんやり美味しいスイーツを紹介します。

 

●ひんやり杏仁豆腐×フルーツ

・材料(8人分)

棒寒天…1本

水…300cc

牛乳…200cc

砂糖…30g

アーモンドエッセンス…適量

 

A)

水…200cc

砂糖…50g

 

フルーツ)

いちご…7-8個

みかん…一口サイズで適量

キウイ…一口サイズで適量

 

・レシピ

1.棒寒天を水に浸して、15分程度放置する

2.水を沸騰させ、棒寒天を煮溶かす(ざるで濾すとダマがなくなる)

3.牛乳を沸騰直前まで温め、砂糖を溶かしいれる

4.2とアーモンドエッセンスを入れて、混ぜる

5.冷蔵庫で冷やしておく

6.A)の材料を混ぜて煮て、シロップを作る

7.完全に冷えた5の上にフルーツを乗せ、6をかけて完成

 

●レシピのポイント

・食べやすさ重視のレシピです

口が小さく、噛む力も大人ほど備わっていないお子さんでも食べやすいのが杏仁豆腐の魅力です。さっぱりとした食べ心地となっています。

 

・フルーツでビタミン摂取

入れるフルーツにもよりますが、今回の例で出したみかんやキウイ、いちごならビタミンCが豊富に含まれています。

免疫力を強化する働きがあるので、風邪を引きやすいお子さんにもおすすめの一品です。

 

・食物繊維で便秘対策

寒天には多くの食物繊維が含まれているので、便秘がちなお子さんにはぴったりです。

野菜などで食物繊維を摂るのが苦手な場合は、寒天を使ったおやつを食べさせてみましょう。

 

今回のレシピではアーモンドエッセンスを使うことで杏仁豆腐になりましたが、バニラエッセンスを使えばミルクプリンになります。

いちごやキウイのほかには、すいか、ラズベリー、ブルーベリーなども相性のよいフルーツです。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

レシピに関する記事

ビタミンCが豊富!小さいお子様にも★さつまいもケーキレシピ

★なんとビタミンCが豊富で美肌効果もあるさつまいも。 これからの季節。さつまい...

どんなおやつが虫歯になりやすい?どんなあげ方で虫歯になりにくくなる?おやつで気になる虫歯

  幼児食が始まると、「おやつ」に頭を悩ませるママパパもいると思います。同時に...

レシピの体験談

美味しい手作りおやつ!

子どものおやつって、悩みませんか? 小さい時は、朝の10時におやつ、15時におやつ、と規則正しいリ...

ズボラでも簡単、スープジャーでおやつ作り

スープジャーで離乳期から幼児期、大人まで食べられる 暑い時期におすすめの簡単おやつをご紹介します。...

カラダノートひろば

レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る