カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 食事・飲み物 >
  5. 注意点 >
  6. 妊婦さんに冷えは大敵!夏の気温差で体を冷やさないように外出時には着替えを持参しよう

妊娠・出産

妊婦さんに冷えは大敵!夏の気温差で体を冷やさないように外出時には着替えを持参しよう

 

夏の暑さは健康な体にさえきついのに、妊娠中の体となると一層こたえます。夏は体が熱くなりすぎても危険ですし、逆に部屋を冷やしたり、冷たいものを摂りすぎて、体を冷やし過ぎてももちろんよくありません。その加減が難しいのです。それまでとは違う、妊娠中の体で、いかに快適に夏を過ごすかというのは、非常に大事なことです。

 

夏の妊婦さんは体が冷える!

熱が体の中に溜まってしまうと、どうしても冷たいものを食べたり、冷房を効かせたりしますから、夏でも過ごし方によっては冷えやすい環境になります。

さらに妊婦さんに生じるトラブルしては、むくみも大きな要因です。妊娠するとむくみやすくなりますが、むくみによって血管を圧迫してしまい、その血流障害が末端の冷えを呼び、さらにその冷えがまたむくみを呼ぶと言った悪循環に陥ります。

 

妊婦さんに冷えは大敵!

よく言われると思いますが、妊婦さんは体を冷やすことを極力避けるべきです。というのも、血行が悪くなることが子宮にも波及すると、子宮自体がかたく張ってしまいます。これは特に切迫早産気味の人などは、十分に配慮をするべきです。

いつもと違う自分の体で、今までと同じように過ごしていたら、体調を崩して夏バテになってしまったなんてことにもなりかねないのです。

 

外出する際は着替えを持っていこう!

家の中の温度調節に気を配っていても、いざ外出すれば、室外の暑さと、室内の寒さの差にさらされます。暑い場所と寒い場所を行き来する場合に、最も配慮するべきは汗です。汗が冷えたときの寒さというのは、妊娠した体には非常に危険です。ですから、外出する際は、上に羽織るものだけではなく、下着の替えも持っていきましょう。どこかのタイミングで着替えて、なるべく体を冷やさないようにするのです。

 

 

妊娠しているからといってずっと家にこもっている必要はありません。ですがひとたび家を出れば、自分に合わせて環境調節は出来ません。妊娠した体で夏バテになるのは、当然お腹の中の赤ちゃんに負担になってしまいます。十分な防寒対策を講じた上で、外出をするようにしましょう。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

妊娠中から気をつけて!こんな食生活の赤ちゃんは将来メタボになりやすい!

赤ちゃんには健康にすくすくと育ってほしい。将来、病気になんてなってほしくない...

「食欲がない!?」マタニティライフ中の夏バテ対処法を知ろう

  普通に過ごしていても、最近の夏はとても暑くてつらいもの。ですが、妊娠中に夏...

注意点の体験談

気を付けて!妊娠中に食べてはいけないもの一覧!!

妊娠中にはつわりでほとんどの食べ物を受け付けなくなる人もいれば、反対にとっても食欲が湧いてくる人も。...

妊娠中のうっかり食べ物!胎児に影響がある生肉・・トキソプラズマ

妊娠中は控えた方が良い食べものっていくつかあります。分かっていたのになぜかうっかり食べてしまった物も...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る