カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 食事・飲み物 >
  5. レシピ >
  6. しっかり食べて夏バテ予防!たまには簡単な丼料理で、パパッと済ませるのはいかが?

妊娠・出産

しっかり食べて夏バテ予防!たまには簡単な丼料理で、パパッと済ませるのはいかが?

 

妊娠した状態で夏バテになってしまうと、胎児への影響は避けられません。夏バテをしてしまうか、そうではないかで特に大きな要因になるのが、暑い中で食事をきちんととれるかどうかです。

 

夏バテ対策に手軽な丼料理!

妊婦さんは栄養のことも気にしながら、食事内容について考えなければいけません。ですがこまごまとしたものをたくさん作るのは、ちょっと時間もかかるし面倒ですよね。頑張れる日はそれでもいいですが、手を抜きたい日には、簡単調理で済ませられる丼もので手を抜いてもいいと思います。

 

酸っぱさが食欲をそそる豚丼!

豚肉は夏の滞りがちなエネルギー代謝を助けてくれる働きがあるので、夏バテ予防や改善に効果的です。

 

<用意するもの>

(1人分)

豚肉:50g

野菜(もやし、きのこ、ピーマン、にんじん、ネギなどお好みで)各適量

※見た目の量が肉と同量かそれより多くなるくらいが、バランスが良いと思います。

キャベツのせん切りあるいは千切ったレタス:1~2枚分

ごはん:お茶碗1杯分(薬150g)

しょうゆ:小さじ2

酢:大さじ1~お好みで

 

1.豚肉と野菜を野菜炒めの要領で炒めます。

2.半分くらい火が通ったら、1をフライパンの端に寄せ、できたスペースにしょうゆ適量を入れます。

3.しょうゆがぐつぐつとなるまで熱し、ちょっと焦げたような香りがしたら、避けていた野菜と肉を絡めます

※焦がししょうゆにすることで、味わいが深くなります。

4.絡めたら酢を入れ、しっかり炒めます。

5.ご飯の上にキャベツかレタスを乗せ、4をかけたら出来上がりです。

※スルスルと食べたいときには、でき上がりのときに片栗粉でとろみをつけてもよいです。

※最後に白ごまをかけたり、海苔を千切ったもの、白髪ねぎなどを乗せてもおいしいです。

 

豚肉と炭水化物を一緒に摂取することで、豚肉に含まれるビタミンB1が炭水化物の代謝をよくしてくれます。このときネギを一緒に摂取すると、効果がさらに促進されます。

また、キャベツの場合、豚肉のようなたんぱく質と一緒に摂取すると、胃腸の粘液が強くなります。レタスも高栄養食材ですので、どちらを選んでも体には嬉しいです。カサ増しにもなってくれますので、食べ過ぎを抑えてもくれます。

 

 

丼ものならば、フライパンひとつでさっと炒めて、パッと食べられます。台所に立っている時間を短縮できて、しっかりと食べられますから、たまにはこういった食事でもよいのではないでしょうか。

 

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

レシピに関する記事

つわり・食欲不振に☆お手軽【ツナコーン・いちごジャムのサンドィッチ】レシピ

    つわりは、ホルモンや自律神経の変化やストレスなどが関係しているといわ...

電子レンジだけで作れる!味付けも調理もラクラク♪な豚肉の胡麻ドレッシングスープ

  妊娠した体で夏バテになるわけにはいきません。ですが、いつもと違う体の状態で夏...

レシピの体験談

切迫早産気味の時のお手軽レシピ案

切迫気味、安静と言われて困ったのは、家事全般満足にできないことですが、料理は結構不可欠で、自分が切迫...

妊婦さんの貧血予防レシピ☆小松菜で鉄分をチャージ!

先日、銀杏のお話をさせていただいた時に、小松菜も一緒にいただいたとお話しましたね^^ 本業は小松菜...

カラダノートひろば

レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る