カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食材 >
  5. イミダゾールジペプチドの必要量は200-400mg!どんな食材で摂取するのがベスト?

健康診断・健康管理

イミダゾールジペプチドの必要量は200-400mg!どんな食材で摂取するのがベスト?

イミダゾールペプチドは、肉体と精神の疲労の両方に効く成分です。研究によって、脳の記憶領域が委縮するのを防ぐ力があるのでは、との結果も出ています。

(参考:東京大学大学院 新領域創成科学研究科 肉類ペプチドに脳萎縮抑制効果・神経心理機能強化の可能性 //www.k.u-tokyo.ac.jp/info/entry/22_entry297/)

そんなイミダゾールペプチドの摂取量と、摂取方法、注意点を紹介します。

 

●200-400mgの摂取が目安

イミダゾールペプチドで体と心の疲労を十分に取るためには、1日あたり200-400mgの摂取が目安になると言われています。

イミダゾールペプチド400mgを、1つの食材で摂取するなら、鶏胸肉がお勧めです。

鶏胸肉60-100gにイミダゾールペプチド400mgが含まれているので、1人前でも十分なイミダゾールペプチド摂取につながるのです。

摂取する方法でおすすめなのは、鶏胸肉をじっくり煮込んだスープです。スープにすることが、イミダゾールペプチドの抽出には役立っていると言われています。

出来れば30分以上煮込んだものが望ましいので、じっくりことこと、鶏胸肉を煮込んでみましょう。

 

●ドリンクやサプリメントも存在

鶏胸肉で気軽に摂取できるイミダゾールペプチドですが、ドリンクタイプのものやソフトカプセルのサプリメントなども存在しています。

脳への効果はいまのところ、肉に含まれるイミダゾールペプチドで研究されており、ドリンクタイプやサプリメントでの研究はまだ発展途上です。

とは言えども、毎日鶏胸肉を食べるのは大変ですから、ときにはドリンクやサプリメントでのイミダゾールペプチド摂取を考えてみてもよいかもしれません。

 

鶏胸肉ほどの含有量ではないのですが、まぐろやくじらなどでも、イミダゾールペプチドは摂取できます。

これらの魚はお刺身でいただくことで、イミダゾールペプチドの力をしっかりと発揮できます。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食材に関する記事

「お酢」+「しょうが」は健康面でも万能の調味料だった!健康効果倍増の「酢しょうが」の作り方

「しょうが」も「お酢」も体に良いものなのは、ご存知かと思います。そんなしょう...

1日20個!?シークワーサーの健康成分、ノビレチンを目標量摂取する方法とは?

  シークワーサーの黄色に、健康を促進する大きな効果があるのを知っていたでしょう...


体が「疲れてしまう」のはなぜ?どうしたらいい?この疲れに効く、新成分を発見!

夏バテという言葉に対して、秋バテという言葉が聞かれるようになっています。秋バテ...

実は栄養豊富な夏野菜「冬瓜」!漢方や民間療法にも使われる冬瓜の実力とは?

冬瓜(トウガン)というと、名前に「冬」という字が入っているので、冬に旬の野菜と...

カラダノートひろば

食材の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る