カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 種類 >
  4. 慢性頭痛や症候性頭痛など…頭痛の発生する原因による種類わけ

頭痛

慢性頭痛や症候性頭痛など…頭痛の発生する原因による種類わけ

  

アイスクリーム頭痛など、冷たいものを食べると起こる頭痛も含めると、ほとんどの方が頭痛を起こしたことがあると思います。しかし、頭痛の原因やどのような仕組で頭痛が起こるのかについては、はっきりとわかっていないのが現状です。できるだけ現状を把握して、頭痛を取り除きたいものですよね。

 

自分の頭痛の症状や起こった状況から、頭痛につながりそうなものを見極め、医師に伝えられるように、現在わかっている頭痛の発生する原因についてまとめました。

 

慢性頭痛

一般的に頭痛としてイメージされる頭痛です。慢性頭痛には片頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛などがあり、医療機関にかかって治療します。

片頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛の症状や治療方法は異なりますので、きちんとした診断を受けタイプにあった治療を行う必要があります。

各頭痛の特徴は以下のものになります。


●片頭痛

頭痛の特徴としては、前兆がありズキンズキンと脈に合わせて痛むといったものです。そして同じ部位で頭痛を何度も起こすといったことがみられます。片頭痛を起こしやすい人は女性です。

 

●緊張型頭痛

頭痛の特徴としては前兆がなく、頭をしめつけられるような痛みやダラダラと続く重い痛みです。緊張型頭痛は身体的ストレスが関係しているされており、肩こりもちの人や姿勢が悪い人がなりやすいと考えられています。

 

●群発性頭痛

頭痛の特徴としては、決まった片側が痛み、年に1、2度または数年に一度の年にほぼ毎日、だいたい決まった時間に頭痛が発生します。かなり激しい痛みであることが多いのも特徴です。20~30歳代の男性に多くみられるとされています。

 

症候性頭痛 (病気が原因の頭痛)

病気が原因となって起こる頭痛です。頭痛だからといって脳の病気だけで頭痛が起こるというわけではなく、どんな病気でもその病気が原因で頭痛が起これば症候性頭痛です。なかには命にかかわる頭痛もあるので気を付けましょう。

 

生活のできごとで起こる頭痛

代表的なものは、アイスクリーム頭痛という冷たいものを食べたときなどに起こる頭痛や二日酔いの頭痛です。とくに心配する必要はありませんが、つらいと思いますので、アイスクリーム頭痛は温かい飲み物を飲む、二日酔いならばオルニチンなど二日酔いに効く成分をとるなどの対処をするとよいでしょう。

  

頭痛の種類に合わせて、正しい対処をとるように気を付けましょう。

 

「頭痛」で人気の記事はこちら

●耳の奥の痛みは緊張型頭痛が原因?~緊張型頭痛に多い症状~

  

(Photo by:足成

著者: いおさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

肩が凝る…頭が痛い…その原因、もしかしたら「あご」にある!?顎関節症の基礎知識

顎関節症(がくかんせつしょう)という病気を聞いたことがありますか?ときどき、...

気温の変化で頭痛?頭痛と気温の関係とは?

    頭痛がすると一口で言っても、実際に頭のどこが痛いのか、頭痛にはどのよう...


市販薬で頭痛に!?薬物乱用頭痛の怖さ

  薬物乱用、というと麻薬や覚せい剤を想像するかもしれません。ですが、もっ...

骨盤のゆがみの症状は腰痛だけじゃない?骨盤がゆがんでいると頭痛を起こす!?

   骨盤のゆがみは、体にさまざまな影響をあたえます。頭痛もこのさまざまな影響...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る