カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. 熱中症 >
  5. エアコンはどうやって使ったら節電になる?温度設定、風量の設定、帰宅後の冷房の使い方

気になる病気・症状

エアコンはどうやって使ったら節電になる?温度設定、風量の設定、帰宅後の冷房の使い方

 

暑ければエアコンをつけて部屋を涼しくするのは、当然のことです。ですがちょっとした工夫をすることで、エアコンを我慢しないで使って、節電にもなる方法がたくさんあるのを知っているでしょうか。

 

エアコンとの上手な付き合い方

しっかりと節電をしながら、エアコンの涼しさを十分に得るためには、どんな工夫ができるでしょうか。自分でできることから、試してみて下さい。

 

1℃上げて10%節電

エアコンの温度設定を1℃上げるだけで、10%の節電になると言います。冷房の推奨設定温度は28℃と言われていますが、その温度に関わらず、いつもの温度設定よりも1℃温度を上げてみて下さい

1℃上げた温度で快適に過ごせるならば、それで過ごしてみましょう。1℃上げた上で、他の部屋を冷やす方法を併用してもよいでしょう。

 

エアコンの風の設定は弱風の方がいい?

エアコンの風の設定に「弱風」や「強風」といった設定があります。一見すると弱風の方が節電になるような気がします。確かに弱風で部屋が十分に冷やされ、過ごしやすい環境になるのならそれの方がいいでしょうが、実際には弱風だと部屋が効率よく冷やされないため、かえって電力が必要になってしまうこともあります。

そのため一番いいのは「自動」設定です。エアコンの機能は非常に高くなってきていますから、エアコンにまかせておけば、一番効率のよい冷やし方をしてくれます。

 

家に帰ったら部屋の中が蒸し風呂状態!すぐにエアコンはダメ!

外出して帰ってきたら、部屋の中が蒸し風呂状態になっていたということは、夏はよくあります。その時、たまらずにすぐに冷房などをつけてしまうかもしれませんが、ちょっと待ってください。まずは部屋の中の暖気を逃がしましょう

そのためには換気扇を回したり、窓を開けたりして、十分に換気をします。特に部屋の中で2か所、空気の通り道をつくると、効率よく熱気を外に追い出すことができます。

十分に熱気を追い払った後、エアコンをつけて部屋の温度を下げた方が、効率的です。

 

 

節電と涼しさを両立させるために、できるだけ工夫しながらエアコンと付き合っていきましょう。無理をしすぎて、節電のために無理をしすぎて熱中症になってしまう人もときどきいます。適度に使う中で、工夫をちりばめましょう。

 

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

熱中症に関する記事

職場での熱中症による死亡災害が増えている!?発生状況と対策について

   近年、職場でも熱中症の死亡者が出ており、厚生労働省において問題視されていま...

真夏日に平熱より体温が高い!熱中症が起こるメカニズムと原因

  暑い時期に、運動や暑熱から熱中症を起こすことがあります。熱中症が起こるメカニ...


濃い黄色い尿、めまいや立ちくらみ、筋肉の痙攣など…自分で判断しやすい脱水の症状

   脱水症状については知っていても、自分が脱水症状になっていると気づくことは...

暑さ指数「WBGT」って知ってる?数値されてわかりやすい暑さ指数を活用しよう!

熱中症対策の必要性が高まる中、熱中症のリスクを知らせる暑さ指数、WBGTが用い...

カラダノートひろば

熱中症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る