カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 夏にサングラスを使うことのメリット・デメリット!場所によって使い分けよう

健康診断・健康管理

夏にサングラスを使うことのメリット・デメリット!場所によって使い分けよう

 

サングラスは普段、どんな効果を期待してつけているでしょうか。ただまぶしいのが苦手で、まぶしさ緩和のためにつけているという人もいると思います。ですが、しっかりとサングラスをつけることのメリットとデメリットを考えて使えると、もっと良いと思います。

 

サングラスをつけることのメリット

具体的にサングラスをつけることでどんなメリットがあるのでしょうか。

 

・サングラスと日焼け

眼球から取り込んだ紫外線は、メラニンの増殖につながるという考え方があります。目から紫外線が入ると、脳が体の中に紫外線が入ってきたことを知り、体を守るためにメラニンを多く出すのです。

 

・サングラスと目の病気

日本人の顔はホリが深くないので、紫外線が目に入り込みやすいです。目に紫外線が入るのは、日焼けという面でも避けたいことですが、目自体が障害されることにもつながります。それが目の病気につながってしまうことにもなりますので、注意が必要なのです。

 

・疲れないためのサングラス

スポーツをしているときや、車の運転をしているときは、どうしても長く強い光にさらされます。目はものを見るために常に開いていますから、多くの光を浴び続ける目は疲れてしまい、それは体の疲労にもつながります

 

サングラスをつけることのデメリット

あまり考えたことがないかもしれませんが、サングラスをかけることのデメリットもあるのです。

 

・サングラスの色には注意!

人の瞳は、暗いところで大きく開きます。瞳が大きく開くということは、光を多く取り入れてしまうということです。そこで注意したいのがサングラスの色です。真っ黒なサングラスを使用した場合、瞳が開いてしまい、余計に光を取り入れやすい状態になってしまうのです。それによって、サングラスをしていたのに目から紫外線がたくさん入っていたということもあります。

 

・まぶしさ緩和の代わりに見えにくい

サングラスの種類によっては、サングラスをかけたままでは液晶画面などがまったく見られなくなることがあります。サングラスは過度な光を防いでくれますが、その代わりに見えにくい部分ができてしまうのです。

 

 

何気なくつけているサングラスでも、メリットばかりがあるのではありません。サングラスの種類や使う用途によっても、メリットデメリットは若干変わってきますから、色々なシーンを考慮し、悪い部分もしっかり知った上で使うとよいです。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏に関する記事

夏に体調を崩しやすい…夏バテの原因とは?エアコンの上手な使い方を知ろう

ジメッとした日本の夏ですが、このジメジメは湿度の高さが原因と言われています。こ...

夏場のゴルフの注意点!真夏の服装と暑さ対策グッズで熱中症を撃退!

ゴルフは今大人気のスポーツです。 適度な運動にもなりますし、老若男女が楽しめ、...


熱帯夜を乗り切る!就寝時のエアコンの使い方は、どんな方法が一番節電になる?

  就寝時のエアコンの使い方はどのようにしているでしょうか。寝ているときの快適さ...

節電で冷たいものをたくさん食べるから体が疲れる!夏だからこそ温かいものを食べよう!

節電は地球には優しいかもしれませんが、体には優しくないかもしれません。うだるよ...

カラダノートひろば

夏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る