カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 夏の車の運転はまぶしい!そのまぶしさには普通のサングラスではなく、偏光レンズがおススメ

健康診断・健康管理

夏の車の運転はまぶしい!そのまぶしさには普通のサングラスではなく、偏光レンズがおススメ

 

日差しの強い夏場での車の運転というのは、日差しのまぶしさから困難を感じる人も多くいると思います。まぶしいままで車の運転をするのは、運転しづらいですし、危険も伴います。

 

車の運転には「偏光レンズのサングラス」にメリットが多い!

単純に色がついたサングラスというのは、光の量を減らすことによってまぶしさを軽減します。しかし車の運転において、光の量を減少させるだけのサングラスは十分とは言えません。

運転するときに使うサングラスとしては、偏光レンズというレンズを使ったサングラスを使用するのがよいです。これは運転をするときに特にまぶしい、ぎらぎらとした反射光や、フロントガラスへの映り込み、対向車からの反射光、路面の反射といったものをカットしてくれます

 

特に夏の運転には偏光レンズ!

夏は日差しが強い季節です。さらに近年は天候も不安定になる傾向で夕立が降りやすく、その後の夕日の反射が強く目に突き刺さることも多いです。

また、夏は車で遠出し、長時間運転することも増えます。強い日差しや路面の反射というのは、思っている以上に運転している人を疲れさせます。そのため光を適切にカットしてくれる、偏光レンズが運転の疲れを左右することもあるのです。

 

自分に合ったものを選べる!

偏光レンズというとあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、専門店などでは色やレンズの薄さ、遠近両用のものなど、色々な種類から選ぶことができます。そのため自分の好みに合ったサングラスを選ぶことができます。

 

 

夏の日差しが強い中、長距離運転などをしていると、どうして目が疲れてしまいます。夏の遠出の予定がある場合、そして日差しが強い時間、そして日差しが目に入りやすい夕方などに車の運転をする場合、偏光レンズのサングラスの使用を考えてみてください。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏に関する記事

あなたは熱体質?寒体質?タイプによって違う、タイプ別夏疲れ解消法とは?

人間の体は大まかに分けて2つのタイプに分けることができます。 それは「熱体質」...

エアコンと扇風機の併用はどうするのがいい?実際にどれくらいの節電になるの?

  暑ければエアコンをつけますが、電力の使い過ぎは気になりますよね。エアコンと扇...


節電のために知っておきたい!エアコンの効果的な使い方3選

電気代が高いから、少し省エネで過ごせるように工夫したいと思っている方もいるかも...

夏風邪の予防には「口腔・胃腸粘膜」の強化がカギ!粘膜を強化する4つの夏食材とは?

夏場は、ほかに季節に比べて免疫力が低下する傾向にあります。また冷えた飲み物やエア...

カラダノートひろば

夏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る