カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 夏バテ対策 >
  5. 薬膳で体調回復!夏のお疲れに、旬の食材で太刀打ちしよう!

健康診断・健康管理

薬膳で体調回復!夏のお疲れに、旬の食材で太刀打ちしよう!

旬の食材は栄養が豊富で体にいいというのは、薬膳の知識がない人でも、なんとなく知っていると思います。今は旬に関係なく色んな季節の食材を食べられるようになりましたが、やはり旬のものは味も濃いですし、栄養価も高いですし、安く手に入ります。

 

夏には薬膳を考えよう!

冬は風邪などの流行で病院(西洋医学)にお世話になることが増えますが、夏はどちらかというと病院とまではいかない、体の不調が増えます

西洋医学では体が何かの病気にならないと、治療をしたり、薬を処方したりできません。

ですが、東洋医学ではこうした「まだ病気ではないけど、病気の手前にある体」を元気にする方法を考えてくれます。その方法のひとつが「薬膳」です。

 

夏に体に侵入しやすい病気のもと

東洋医学では病気のもとのことを邪気というそうです。ここでは特に、夏に体に起こりやすい邪気について書いていきます。そしてそれに適した薬膳の食材を知りましょう。

 

暑邪(しょじゃ)

これは夏の暑さによって、体の気、血、水が破壊されやすくなることを意味しており、それによって発熱、多汗、脱水、息切れ、動悸、疲労、夏バテといった症状が出やすくなることを指しています。

 

 

・暑邪には「苦み」(ゴーヤ・チシャ・緑茶・セロリ)

苦みのある食材は、熱をとる、解毒をする、便通を整える作用があるとされています。

ただし過剰摂取はよくなく、汗のかき過ぎを抑えてくれる酸味や、汗と共に失われる塩味を一緒に摂った方がよいです。

 

・暑邪には「清熱」(トマト・キュウリ・ナス・レタス・白菜・豆腐・スイカ・梨)

いわゆる夏野菜、夏が旬の食べ物は体の熱を冷ましてくれる効果があります。

 

湿邪(しつじゃ)

日本の夏は暑さと共に湿度の高さも問題になります。そのため体の中の水分が飽和状態になりがちです。水分が多すぎると体の代謝に悪影響がでるため、むくみ、下痢、便秘、水太り、湿疹、水虫、食欲不振、頭重感といった症状が出やすくなります。

 

・湿邪には「甘み」(ミョウガ・大葉・ジャスミン・桃・さくらんぼ)

甘みは痛みを緩和させたり、味をまとめたりする特徴がありますし、夏の疲れを回復させてくれる効果もあります。

ただ過剰摂取にならないように、香りのある食材、代謝を上げる辛味などと一緒に摂った方がよいです。

 

・湿邪には「利水」(冬瓜・トウモロコシ・金針菜・ハモ・大豆・ソラマメ・小豆)

過剰な水を排泄に結び付けるのが利水です。汗をかく、あるいは排尿によってこれができます。食材の力を借りて、これらの作用を促進することができます。

 

旬の食材を食べることが、そのままその季節に合った薬膳の料理になっているとも言えます。ただし、あくまでも夏の暑さにやられた体です。冷房などで冷えが回った体の場合には、上記の薬膳が逆効果になることもありますので注意しましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

夏バテ対策に関する記事

夏バテにはきゅうりの酢の物を!旬の野菜の重要性

旬野菜は他の季節に採れるものよりも豊富に栄養を含んでいます。旬な野菜は栄養価が...

旬野菜を取り入れて、健康的な食生活で梅雨を乗り切ろう!

日本には四季があり、春夏秋冬その季節に収穫できる【旬野菜】と呼ばれる季節ごと...


モロヘイヤは王様の野菜!夏の疲れた体に嬉しい、モロヘイヤの栄養のヒミツ

夏野菜の中で「王様の野菜」という意味を持つ、野菜があります。それはモロヘイヤの...

何も食べたくないならば「ゴーヤジュース」はいかが?苦味が苦手な人も飲めるかも!

夏の暑さが本格的になると、熱中症によって病院で運ばれる人が多くなります。暑さや...

カラダノートひろば

夏バテ対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る