カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食材 >
  5. こんなにあるの!?シークワーサーに含まれるノビレチンは、こんなにたくさんの健康効果が!

健康診断・健康管理

こんなにあるの!?シークワーサーに含まれるノビレチンは、こんなにたくさんの健康効果が!

 

ノビレチンという成分を知っているでしょうか。これは柑橘系の植物に多く含まれる、フラボノイドの一種です。柑橘系の果物である、みかんやグレープフルーツなどにも含まれているのですが、その中でも飛びぬけて多い含有量が多いのが、グレープフルーツということで、注目を集めています。

 

シークワーサーがダントツトップのノビレチン

100g中のノビレチンの含有量を比較してみましょう。

シークワーサー:267mg

グレープフルーツ:1mg

温州ミカン:24mg

カボス:89mg

ポンカン:127mg

こうして見てみると、シークワーサーの含有量の多さが分かると思います。

 

ところでノビレチンって何なの?

ノビレチンというのは、近年健康への効果や効能が研究され、明らかになりつつあり、注目されている成分です。具体的には以下のような作用があるとされています。

発がん抑制作用

がん細胞の増殖抑制作用

抗がん剤の作用増強 など

 

炎症に関する作用

関節リウマチや変形性関節症の改善や予防

皮膚の炎症抑制

糖尿病網膜症の改善

アルツハイマー病の予防や治療

記憶障害改善作用 など

生活習慣病に対する効果

脂質代謝改善

抗動脈効果

血圧上昇抑制

血糖値上昇抑制

アディポネクチン分泌促進 など

 

どれくらい摂取するのがよい?

ノビレチンの1日の摂取目安量は、シークワーサーの個数で言えば22個分だそうです。実際に1日に22個のシークワーサーを食べるというのはちょっと難しそうですよね。そのため、目安量を毎日取るには、ジュースなどの形で摂取するか、サプリメントなどの形で摂取する方法の方が現実的かもしれません。

 

 

シークワーサーのノビレチンが注目されたことによって、ノビレチンの含有量が多い商品が色々と発売されているようです。含有量を計算して、ジュースやサプリメントを併用して摂取してもよいかもしれませんね。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食材に関する記事

パセリには生活習慣病を防ぐ&改善する効果が!フラボノイド系色素「クロロフィル」について

   パセリは小さいながらビタミンやミネラル、フラボノイド系色素などを多く含ん...

未病の状態に薬膳の力!熱をとる食材、冷えをとる食材を知って、体の不調を取り除こう!

  夏の暑さは体力を奪います。病気とまではいかない体の不調は、東洋医学では未病と...


夏はスズキを食べろ!スタミナをつけ、美肌にも効果が期待できるスズキがスゴイ!

   夏を代表する魚というと何を思い浮かべるでしょうか。夏を代表する魚の一つに...

毎日続けるために知っておきたい!万能調味料「酢しょうが」のイロイロな食べ方

お酢としょうがを混ぜるだけなのに、健康になれる調味料が作れます。ダイエットに...

カラダノートひろば

食材の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る