カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. がんの予防にも期待されているシークワーサー、健康効果のカギは皮にある!?

健康診断・健康管理

がんの予防にも期待されているシークワーサー、健康効果のカギは皮にある!?

 

普段シークワーサーを食べるでしょうか。料理に使ったりすることもあると思いますが、実の方だけという方が多いでしょう。シークワーサーは健康に大きな効果があることが報告されていて、がん、骨粗しょう症、歯周病、高血糖、高血圧、メタボ、動脈硬化などへの効果が報告されています。

 

シークワーサーは皮でこそ効果が大きい

さて、シークワーサーは実の方を食べる人が多いと書きました。果物ですから実を食べるのが当たり前です。もちろんただ美味しく食べるのであれば、実を食べるのでよいのですが、健康への効果を期待するのであれば、皮こそ食べるべきです。

というのも、シークワーサーに含まれ、健康に効果のあるノビレチンという成分は、果肉よりも果皮にとても多く含まれているのです。シークワーサー自体、突出してノビレチンを多く含む果物ですが、果肉は他の柑橘類の数倍から二十数倍です。これに対して果皮は、他の柑橘類の数百倍も含まれています。

 

皮のノビレチンを摂取するにはどうすれば?

皮のエキスまで絞ったジュースなども売られています。ここでは果皮を使って作る、シークワーサー茶がおススメです。

シークワーサー茶は、乾燥した果皮にお湯を注いで、お茶にして飲むもので、市販されているものもありますし、自分で簡単に作ることもできます。

 

市販タイプ

市販されているシークワーサー茶にはいろいろなタイプのものがあります。ただシンプルに皮を乾燥させて作ったものもありますし、他に生薬を混ぜたものもありますし、柑橘系の他の果物をブレンドしたものもあります。

自分の好みに合わせ、同時にノビレチンの含有量を確認して、選んでみて下さい。

 

自分で作るタイプ

自分で作るのも非常に簡単です。果肉の方を使ってしまって、皮が残るという場合には自分で作ってもいいですね。

 

作り方

1.シークワーサーの皮をよく水洗いし、細めに切っておきます。

2.重ならないようにしてお皿に並べ、1週間くらい日の当たる風通しの良い場所に置いておきます。

3.カラカラに乾燥した皮を水に入れて、15~20分程煮込みます。

4.十分に煮出したら、お茶の出来上がりです。

 

シークワーサーの健康効果を十分に得ようと思ったら、皮こそ食べるべきです。お茶などにすれば夏の水分補給として、簡単に成分を摂取できますから、手軽な方法として試してみてはどうでしょうか。

 

シークワーサーを摂取してがん予防になる!?期待されるがん細胞への影響とは?

シークワーサーはがんを抑制する効果が期待できる果物なのをご存知でしょうか。

がんは誰にでも発症する可能性のある病気です。そして未だに日本においては、死因の多くを占める病気です。

がんの予防効果のある食品は数多くありますが、ここではその中のひとつ、「シークワーサー」について書いていきます。

 

シークワーサーでガン予防

シークワーサーはがんだけでなく生活習慣病の予防など、体の好影響を与える食材として研究が進んでいます。

 

がんの抑制効果においては、シークワーサーに含まれる物質が、

 

・がん細胞の増殖を抑制する働き

・細胞死を促す働き

・抗がん剤の効果を増強させる働き

 

 などが報告されています。

 

シークワーサーの効果はマウスの実験で実証されています

上記のような効果をもたらすのは、シークワーサーに含まれる「ノビレチン」という物質です。

シークワーサーのがんへの効能を知らしめたマウスの実験では以下のように行われました。

マウスの腹部に人のがん細胞を注射し、がん細胞がマウスの体の中に細かく散らばった状態を作ります。そして一週間経ってから、ノビレチンの液体を体重1kgあたり、21ミリグラムの割合で2週間皮下投与しました。

結果、ノビレチンを投与しなかったマウスのグループの腹部には、がん細胞が平均69個見つかり、ノビレチンを投与したマウスのグループの腹部には、がん細胞が平均7個しか確認されませんでした。

 

さらにがん細胞の総重量も、投与したグループは、投与しなかったグループに比べて1/10程度でした。

また、試験管内の実験で、試験管の中のがん細胞にノビレチンを投与すると、2日後に量が半減していたことも確認されています。

 

がんは誰にでも発生する可能性のある病気です。シークワーサーはがんだけではなく、生活習慣病や美容、ダイエットにも効果があると報告されていますから、がんへの効果だけでなく、体の健康全般のために飲む習慣をつけてもよいですね。

 

こんなにあるの!?シークワーサーに含まれるノビレチンは、こんなにたくさんの健康効果が!

ノビレチンという成分を知っているでしょうか。これは柑橘系の植物に多く含まれる、フラボノイドの一種です。柑橘系の果物である、みかんやグレープフルーツなどにも含まれているのですが、その中でも飛びぬけて多い含有量が多いのが、グレープフルーツということで、注目を集めています。

 

シークワーサーがダントツトップのノビレチン

100g中のノビレチンの含有量を比較してみましょう。

シークワーサー:267mg

グレープフルーツ:1mg

温州ミカン:24mg

カボス:89mg

ポンカン:127mg

こうして見てみると、シークワーサーの含有量の多さが分かると思います。

 

ところでノビレチンって何なの?

ノビレチンというのは、近年健康への効果や効能が研究され、明らかになりつつあり、注目されている成分です。具体的には以下のような作用があるとされています。

 

発がん抑制作用

がん細胞の増殖抑制作用

抗がん剤の作用増強 など

 

炎症に関する作用

関節リウマチや変形性関節症の改善や予防

皮膚の炎症抑制

糖尿病網膜症の改善

アルツハイマー病の予防や治療

記憶障害改善作用 など

 

生活習慣病に対する効果

脂質代謝改善

抗動脈効果

血圧上昇抑制

血糖値上昇抑制

アディポネクチン分泌促進 など

 

どれくらい摂取するのがよい?

ノビレチンの1日の摂取目安量は、シークワーサーの個数で言えば22個分だそうです。実際に1日に22個のシークワーサーを食べるというのはちょっと難しそうですよね。そのため、目安量を毎日取るには、ジュースなどの形で摂取するか、サプリメントなどの形で摂取する方法の方が現実的かもしれません。

 

シークワーサーのノビレチンが注目されたことによって、ノビレチンの含有量が多い商品が色々と発売されているようです。含有量を計算して、ジュースやサプリメントを併用して摂取してもよいかもしれませんね。

 

1日20個!?シークワーサーの健康成分、ノビレチンを目標量摂取する方法とは?

シークワーサーの黄色に、健康を促進する大きな効果があるのを知っていたでしょうか。シークワーサーは沖縄の言葉で、シー(酸)クワーサー(食べさせる)という意味を持つ柑橘類です。沖縄の特産品ですが、沖縄の人気が高まってからは県外でも、濃縮果汁などが簡単に入手できるようになってきました。

 

黄色いノビレチンが体を健康に!

さて、冒頭に「シークワーサーの黄色が健康を促進する」と書きました。シークワーサーの黄色の色素というのは、ポリフェノールの一種、フラボノイドを指しており、シークワーサーに含まれるこれはノビレチンという成分です。このノビレチンという成分の摂取が、体の健康に非常に効果が高いことが知られているのです。

健康効果は多岐にわたって報告されており、糖尿病や高血圧といった生活習慣病、そして発がん抑制効果、リウマチなどの炎症への効果、そしてダイエットや美肌にも効果を実感している人がいるようです。

 

どうやって摂取する?シークワーサーのノビレチン

このような健康効果の高いノビレチンはどうやって摂取するのがよいでしょうか、シークワーサーそのもので摂取しようとすると、毎日20個近く食べなければならなくなりますので、いくつか摂取する方法を考えておいた方がよいでしょう。

 

料理にプラス

シークワーサーの酸味は、お酢の代わりに使えば香りもよく、料理をさわやかに仕上げてくれます。

ドレッシング、冷奴、焼き魚のつけあわせ、唐揚げにかけて…など多彩です。料理をつくるときに、お酢の代わりと思って色々なものに入れてみて下さい。皮を削ってお吸い物の仕上げに入れてもよいですね。

ちなみにノビレチンの含有量は、沖縄県産のものの方が豊富なようです。

 

ジュースにして

市販でも濃縮タイプなどが売られていますが、おススメがミキサーでジュースを手作りする方法です。なぜかというと、ノビレチンは、圧倒的に実よりも皮に含まれているためです。良く洗ったシークワーサーを皮ごとミキサーに入れ、丸々いただく方がノビレチンを効率的に摂れます。

市販のジュースを買うときには、ノビレチンの含有量をチェックしてから買うとよいです。書いてあれば果皮からのエキスが入っているかどうかもチェックしたいですね。

 

【サプリメント】

一番面倒でないのが、サプリメントだと思います。果物のように個体によってノビレチンの含有量が変わらないですし、何よりも手間がありません。より高い効果を期待するならば、体内吸収がよい空腹時に服用するのがよいです。

サプリメントの場合も、しっかりと含有量をチェックしましょう。

 

普段お酢などを使う場合は、それをシークワーサーに変えるだけで、より料理の味や香りが楽しめる上に、健康的です。もしシークワーサー自体が苦手ならば、サプリメントで摂取する方法もありますから、自分に合った方法を探しましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

鉄欠乏性貧血と貧血改善に効果!食事の取り方と健康管理の関係

貧血は赤血球数が少ないことによって起きています。 特に女性は5人に1人が貧...

ロイシンは筋肉の合成促進に有効?筋肉疲労に効果のあるイミダゾールペプチドとは?体の不調を取り除く食材

ロイシンとは、必須アミノ酸の一種で以前から筋肉の維持や増加に最も必要なアミノ...


朝の食事が脳のエネルギーを補給する!?朝食が与える脳への影響

    軽度の乳糖不耐症の方へお手軽な下痢対策! 牛乳を飲むと、なぜかお腹...

疲労・肝疾患回復に☆鶏ムネ肉とパプリカの醤油マヨ炒め! 食欲不振や夏バテ防止に効果のある食材を使ったレシピいろいろ

鶏ムネ肉は必須アミノ酸のバランスが良く、消化吸収率が95%の低脂肪、高栄養の...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る