カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 動脈硬化 >
  5. ゴーヤ(にがうり)で動脈硬化を改善できる!?ゴーヤに含まれる○○の栄養素が効果大だった!

気になる病気・症状

ゴーヤ(にがうり)で動脈硬化を改善できる!?ゴーヤに含まれる○○の栄養素が効果大だった!

 

動脈硬化は多くの病気を引き起こします。これは主に生活習慣で起こるものですから、生活習慣で改善することもできます。色々な食べ物が動脈硬化に効果があると言われますが、夏はにがうりで動脈硬化を改善して見てはどうでしょうか。

 

身近になったにがうりは健康食材!

日本ではゴーヤという呼び方の方が浸透しているように感じますが、このにがうり(ゴーヤ)は漢方にも使われるような健康食品です。

ゴーヤという呼び方は沖縄での呼び方が広まったものですが、そのゴーヤをよく食べる沖縄は長寿でも有名ですよね。ゴーヤだけで長寿の秘訣ではないですが、ゴーヤが健康に貢献している要素も大きいと言われます。

 

にがうりは活性酸素を除去して動脈硬化に効く!

動脈硬化を発生させる要因のひとつが、活性酸素です。活性酸素は日常生活している中でも発生しますし、夏は紫外線に当たることによっても活性酸素が発生します。この活性酸素は血中の脂質を参加させ、動脈硬化の原因になるのです。

にがうりに含まれるβカロテンやビタミンCといった栄養素は、体内の活性酸素を除去する働きがあります。これによって血中の脂質が酸化するのを防ぐことができ、動脈硬化を改善したり、予防したりできるのです。

ビタミンCというのは、熱に弱い性質がありますが、にがうりは組織が強いため熱に強く、他の野菜よりもビタミンCの摂取がしやすいです。

 

にがうりは血液循環を改善して動脈硬化に効く!

にがうりの苦み成分のひとつに、ククルビタシンがあります。

このククルビタシンは毛細血管を丈夫にする働きがあります。そのため血液循環をよくし、血流を改善できるので動脈硬化を予防する効果が期待できます。

 

 

動脈硬化の進行が気になるという人は、夏が旬のにがうりを食べてみてはどうでしょうか。苦味を軽減する食べ方も色々とありますから、自分が食べやすい方法で、工夫して食べてみて下さい。

 

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

動脈硬化に関する記事

スイカには驚動脈硬化予防、脂肪肝予防の効果があった!スイカに含まれる嬉しい成分とは?

夏の味覚の代表ともいえるすいかは、実は健康成分がたっぷり入った食物でもあります...

動脈硬化を抑制する新たな物質「マグネシウム」と「β-コングリシニン」

近年、帝京大学医学部の研究によれば、動脈硬化の初期段階に現れる血管内皮機能に大き...


必見!動脈硬化の原因となる高コレステロール値を防ぐスーパー食材"わかめ"の力とは?

動脈硬化とは、動脈の血管が弾力性(しなやかさ)を失って、血液をうまく送り出せな...

動脈硬化の最新治療!ヤスリで血管内部を掃除する治療法とは?

動脈硬化の外科手術による治療は、これまで人工血管置換術やステント(網目状の極小...

カラダノートひろば

動脈硬化の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る