カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. 糖尿病、糖尿病予備軍は必見!にがうり(ゴーヤ)は糖尿病に効く○○な成分がたっぷり!

生活習慣病

糖尿病、糖尿病予備軍は必見!にがうり(ゴーヤ)は糖尿病に効く○○な成分がたっぷり!

 

にがうりは夏野菜の代表として、夏バテに効果があると言われますが、生活習慣病である糖尿病にも、効果を発揮するのを知っているでしょうか。にがうりはゴーヤとも言われ、独特の苦みで好みが分かれます。ですが糖尿病の人、あるいは糖尿病予備軍の人はできるだけ、にがうりを食べるようにした方がよいかもしれません。

 

中国ではにがうりは糖尿病の医薬品!

にがうりは中国で好んで栽培されてきたもので、健康保険適用の医薬品として扱われています。そのため中国では研究データや臨床治験データが多く、糖尿病に有効な食べ物としてよく知られているようです。

 

にがうりの成分が血糖値を下げる

にがうりはそもそも栄養が豊富な野菜として、夏バテなどの効果があるとされています。

その栄養の中にモモルデシンやチャランチン、ポリペプチド-Pなどといった栄養素があります。これらの栄養素は肝臓、筋肉、脂肪細胞といった場所のブドウ糖の取り込みを促進してくれます。これらの組織にブドウ糖が取り込まれることによって、血中の糖が減り、血糖値が低下することが期待できるのです。

 

にがうりの成分にインスリンのような成分がある

にがうりの種子、葉、茎には、インスリン「様」物質が含まれていることが認められています。これはコロソリン酸という成分で、別名植物インスリンと言われています。これによってインスリンを使わずに、細胞内へのブドウ糖の取り込みを促進して、血糖値を下げることができるのです。

 

他にも糖尿病に効く成分

にがうりには糖の代謝を改善させるビタミンB1、そして糖の吸収を抑制し、そのまま体外に排出してくれる食物繊維などが豊富に含まれていますので、こうした点でも糖尿病の予防や改善に効きます。

 

 

にがうりはどうしても、実だけを食べてしまうと思いますが、できるだけ種もワタも、丸ごといただくのが糖尿病には良いようです。糖尿病が気になる人は、夏の美味しい時期ににがうりを積極的に食べてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

1日1杯以上のコーヒー摂取で2型糖尿病発症リスクが17%減少する?!

近年、メディアでよく取り上げられるようになった糖尿病の予防・改善法に『継続的な...

疲労・肝疾患回復に☆鶏ムネ肉とパプリカの醤油マヨ炒め

    鶏ムネ肉は必須アミノ酸のバランスが良く、消化吸収率が95%の低脂...


「桑の葉茶」の食後血糖値への効果とは?

血糖値の低下作用が報告されている健康食品は数多くありますが、その中でも「桑の...

夏に旬のゴーヤは糖尿病に効く!ダイエットになる!ニキビに効く!ゴーヤの秘められた効果

ゴーヤは非常に栄養価が豊富な夏野菜で、その栄養価から体に嬉しい効果がたくさん言...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

食生活の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る