カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. シミ >
  5. 30代になって肌が黄色っぽくくすんだ…?その変化のヒミツは肌の"糖化"にあった!

美容・ダイエット

30代になって肌が黄色っぽくくすんだ…?その変化のヒミツは肌の"糖化"にあった!

 

年齢を重ねて肌のくすみが気になることがありますが、どちらかというと「黄ばんで」みえるくすみがあります。こうした黄ぐずみは30代頃から徐々に気になるようになってきます。この黄ぐすみの正体は何なのでしょうか。

 

黄色に肌がくすむ…黄ぐすみの正体とは?

黄ぐすみは、真皮層のたんぱく質が黄褐色に変色したことによって、肌が黄色くくすんだように見えるものです。

なぜタンパク質が黄褐色に変色するかというと、その原因は「糖化」です。真皮にあるたんぱく質が、糖質と結合して糖化することによって、黄褐色の老化物質が生み出され、それによって肌が黄色っぽくくすんで見えるのです。

この糖化現象自体は20代から始まっているのですが、肌の黄色を自覚できるようになるのは、ある程度糖化が進んでからの30代から40代です。年齢と共に徐々に糖化された老化物質が蓄積されていき、ある程度蓄積されたことでやっと、実感ができるレベルにまでなるのです。

 

老化物質はAGEsという

たんぱく質が糖を結合して生まれる、黄褐色の老化物質は、AGEsといいます。

このAGEsが肌に蓄積すると、黄ぐすみだけでなく、肌の色々な老化現象が起こります。シワやたるみもそうですし、新陳代謝が低下してシミもできやすくなります。また、保湿成分の生成を促す酵素も糖化されてしまって、保湿成分が十分に作られず、保水力も減退してしまうのです。

 

太っている人ほど注意しましょう!

AGEsの蓄積量というのは、肥満度に応じて増えていく傾向があります。

AGEsが溜まるのは、体の中に余計な糖があるためです。つまり食事の中で糖を多く摂取しているということです。

炭水化物や甘いものが好きで、よく食べると言う人、そして糖質を多く含むビールをよく飲むと言う人は、例え痩せていても、十分に注意が必要です。

 

 

日本人の現在の食生活というのは、糖を過剰に摂取しやすい食事になっています。特に夏の食事では、食べやすいそうめんなどの炭水化物ばかりを食べて、ビタミンやミネラルといったものを摂らない食事が多いです。そうすると体の糖化に貢献してしまって、将来黄ぐすみに悩まされてしまうかもしれません。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

シミに関する記事

そのやけど、放っておいたらNG?やけどがシミになる前に取り除く☆正しい対処法

日常生活の中でやけどをすることは間々ありますが、それがシミになることがあるとい...

長年の悩みの種そばかすは食事に気をつければよくなる?

    美味しく食べて「ソバカス」改善   普段の食事で「シミ・ソバカス...


将来シミ・くすみを作らないために…若いうちに出来る大人肌への第一歩☆

学校で部活動に汗を流し、毎日が充実している!という女性の中には、UVケアなど一...

色白さんは注意!特に夏は、大人肌の回復力低下と、紫外線のダブルパンチでシミが残りやすい!

  蚊に刺された跡が、色素沈着してなかなか消えてくれないということが、大人の肌で...

カラダノートひろば

シミの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る