カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. シミ >
  5. 黄色にくすんだ肌は糖化している!黄ぐすみの肌は元にもどらないの?化粧品で解決できる?

美容・ダイエット

黄色にくすんだ肌は糖化している!黄ぐすみの肌は元にもどらないの?化粧品で解決できる?

 

たんぱく質は体を構成する大事な要素ですが、そのたんぱく質が黄色っぽく変色することがあります。30代か40代頃から、肌の色が黄色くくすんでいるように見えてきたことはないでしょうか。黄ぐすみと言われることもある、このくすみは、たんぱく質が黄色っぽくくすんだことによってそう見えています。

 

あなたの肌は糖化している?

毎日肌の状態を見ていると、なかなか肌の色の変化には気づきにくいです。ある日遠目でみたときに、「肌が黄色っぽくなった?」と感じたり、人に言われたりして気づくこともあるでしょう。また明らかな肌色の変化を実感しなくても

ファンデーションの色が黄色よりのほうが合うようになった

リップやチークがオレンジ系が合うようになった

肌のくすみがきになるようになった

肌のハリや弾力が以前よりもなくなった

といったことから、肌色の変化を感じられるかもしれません。

 

黄色にくすんだ肌はもう元にはもどらないのか?

黄色くくすむ肌の原因は、たんぱく質が黄色くなることと書きましたが、これはタンパク質と体の中の過剰な糖が結びつくことによって起こる「糖化」という現象によって起こっています。体の中に過剰な糖がたくさんあれば起こることですから、生活の仕方によっては、若いときから黄ぐすみが起こることもあります。

基本的に糖化してしまったたんぱく質を元に戻す方法はなく、予防が最善とされます。

 

それでも黄ぐすみの肌を治したい!

予防が最大の解決方法ですが、それではすでに起こっている糖化はあきらめるしかありません。

そこで頼りたいのが美白化粧品です。ただ美白化粧品といってもメラニンに作用するものではなく、糖化、黄ぐすみにアプローチできるものを選んでください。近年糖化現象が注目されていることもあって、糖化による黄ぐすみの改善を対象にした化粧品が増えてきています。

購入する際は店員さんに確認してみましょう。

 

 

化粧品にばかり頼って、生活習慣の中では糖化を促進させる習慣をしてしまっていると言う場合は、化粧品を使っている意味がありません。ですから、化粧品でケアをしつつ、体が糖化しない生活習慣を心がけるようにしてください。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

シミに関する記事

青アザが消えない!これってもうシミになってる?シミにさせないための対処法

年齢を重ねると共に、特に女性は体にできたシミが気になってくると思います。 ...

色白さんは注意!特に夏は、大人肌の回復力低下と、紫外線のダブルパンチでシミが残りやすい!

  蚊に刺された跡が、色素沈着してなかなか消えてくれないということが、大人の肌で...


シミの種類とケアの方法

■老人性色素斑【特徴】「シミ」をいわれるものの中で、もっともポピュラーなもの。い...

紫外線には抗酸化作用物質を含む食材で対抗しよう!夏のスキンケア

  これらの季節、女性は紫外線によって肌にダメージを与えられるのが気になる...

カラダノートひろば

シミの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る