カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 病院 >
  6. >
  7. うつ病にどんな薬が使用されるの?

メンタル

うつ病にどんな薬が使用されるの?

 

うつ病は薬物治療が基本となることが多いです。

 


三環系/四環系抗うつ薬

 (アモキサン、トフラニール/テトラミド、など)


セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害しますが、その他にもシナプス後部のヒスタミンH1受容体やムスカリン受容体、アドレナリンα1受容体なども遮断してしまいますので副作用が多いです。
また、薬によって強迫症状不安焦燥に効果があるものや点滴静注が可能なものまで様々な特徴があります。

 


選択的セロトニン再取り込み阻害薬:SSRI

 (パキシル、ジェイゾロフトなど)

 

過量の服用を行っても比較的安全かつ治療領域が広いことからうつ病の第一選択薬として使用されますが、効果は三環系抗うつ薬に比べると弱いですので、重症例には適しません。
強迫性障害社交不安障害パニック障害認知症などの疾患に伴ううつ病にも効果があるとされています。
心毒性がなく、自殺の目的で大量服用しても死亡には至りませんが、薬物代謝酵素阻害作用がありますので併用する際には注意が必要になります。

 


セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬:SNRI

 (サインバルタ、トレドミンなど)


セロトニンとノルアドレナリンの両方に作用するので、SSRIの効果意欲向上が加わり、さらに血領域が広くなったです。
また、脊髄の下行性疼痛路でセロトニンとノルアドレナリンを活性化させ、慢性疼痛にも効果が期待されています。

 


ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬:NaSSA

 (リフレックス、レメロンなど)


これまでほとんどの抗うつ薬がトランスポーターを阻害することによって効果を発現していたのに対して、この薬はシナプス前部の自己受容体であるα2受容体を阻害することによって効果を表しますので、比較的効果が速く表れることが特徴です。
さらに、セロトニン5HT3受容体を阻害することで胃腸症状が出現しにくくなっています

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2010/10/29-037021.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

抗うつ薬による副作用の対策

    抗うつ薬の副作用には様々な対処法がとられます。   ・三環系抗うつ薬に...

自分が飲む薬についてもっと知ろう!薬物治療について0抗不安薬0

  抗不安薬もSSRIと並んで処方される機会の多い薬です。 ここではそのメカ...


薬物治療について③SSRI

  SSRIは社会不安障害の薬物療法において基本となる薬です。 ここではその...

知っておくべき抗うつ薬の種類と特徴~モノアミンと呼ばれる鬱症状を抑える物質を含む薬って?

うつ病には薬物治療が行われることが多く種類も多岐にわたりますが、どの薬も最終...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る