カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. 薬物依存症 >
  5. 危険ドラッグの症状~奇行・体調異変・幻覚・幻聴…よく見られる様々な症状まとめ

メンタル

危険ドラッグの症状~奇行・体調異変・幻覚・幻聴…よく見られる様々な症状まとめ

 

法律での取り締まりが問題になっている危険ドラッグ(旧:脱法ハーブ)は、ドラッグの中毒者でも避けると言われているものです。

日本の特に若者の中で、多く使用されている危険ドラッグは、なぜ危険なのでしょうか。

 

毒性が強い危険ドラッグ

昔から世界中で使用されている「違法」なドラッグは、症例がたくさんあります。そのため副作用もある程度予測の範囲内でおさまりますし、治療方法もある程度確立されたものがあります。

 

これに対して危険ドラッグというのは、法を抜けるために、無理やり合成などを行い、化学構造を変化させたものです。そのため、どんな副作用が出るのか分からず、決定的な治療法もないという側面があります。

 

具体的な危険ドラッグの副作用

化学構造が違えば出てくる症状も違います。具体的に危険ドラッグを使用したことで見られる症状はいくつもあります。

 

危険ドラッグによる奇行・異常行動の例

・車の暴走運転で歩行者を引く

・自分の下大便を食べる

・下半身の露出

・3階の自分の部屋から飛び降りる

・自分の体に異物が入っていると思い込み、包丁で腹を切り腸を引っ張り出す

・救急隊員への暴行

・車で自爆事故

・住居侵入

 

危険ドラッグによる体調異変の例

・嘔吐後、意識不明になって死亡

・暴れながら、嘔吐を繰り返す

・突然暴れ出し、意識不明となり死亡

・全身がけいれんし、顔面蒼白で錯乱状態になる

・泡を吹いて倒れ、その後恫喝しながら暴れ出す

 

危険ドラッグによる幻覚・幻聴などの例

・「殺し屋がいる、殺される」と大声で叫び暴れる

・カーナビが警察に行くようにしか設定できない、と110番する

・暴力団に追われていると言って助けを求める

・1時間歩いても数十メートルしか進まないと主張する

・声に導かれて屋根にのぼる

・時計とエアコンに殺されると聞こえる

・壁際で誰かが自分を見張っている

・監視カメラで見張られている

・足にダニが入ってくる

・神のお告げがあった 

 

 

沢山の例を挙げたように見えますが、これは一部の例にすぎず、実際に使ったときにどんな副作用が出るかは未知です。

 

程度も違法のドラッグよりも重く出ることも往々にしてあります。違法薬物同様、興味本位で使用して後悔するのはあなたです。

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬物依存症に関する記事

不可逆の神経細胞損傷・突然死を引き起こす、合成麻薬『MDMA』の危険性

  合成麻薬『MDMA』は認知機能低下や突然死など重篤な副作用を引き起こす...

大麻(マリファナ)による精神依存の危険

  乱用すると依存症などの問題があるものの中で、大麻は非常にポピュラーなも...


依存性薬物を始める前、また初期の子供からのサイン

  依存性薬物が簡単に出回っている現在、思春期のお子さんをもつお母さんなら、依...

覚せい剤や大麻より危険な場合も?!危険ドラッグ(=合法ハーブ)と大麻にはどんな違いがあるの?

最近、危険ドラッグ(=合法ハーブ)などに関係する事件が多く起こっています。この...

カラダノートひろば

薬物依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る