カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康食品・飲料 >
  4. 成分別 >
  5. タウリンには今問題となっている生活習慣病を防ぐ効能がたくさんある!?

健康診断・健康管理

タウリンには今問題となっている生活習慣病を防ぐ効能がたくさんある!?

  

タウリンは、栄養ドリンクやサプリメントに多く使われているように、健康効果が高いとされています。今回は、タウリンの健康効果についてご紹介します。

 

肝臓や心臓への効果

タウリンは、イオウを含んだアミノ酸です。イオウを含んだアミノ酸は、他のアミノ酸とは大きく化学的に異なります。その大きく異なる化学作用の中に、強カな抗酸化作用があります。また、タウリンは利尿作用を促すため、ナトリウムと水分が血管から排泄され血圧を下げる効果があり、これも心筋梗塞等を防ぐ要因となっています。1980年代に大阪大学医学部の研究グループにより行われた研究においてはタウリンを1日約2gとると、うっ血性心不全が改善されることが報告されています。

 

コレステロール低下の効果 

タウリンには、胆汁中へのコレステロールの移行を促す効果や、肝臓で脂肪代謝を促進する効果があるため、血液中のコレステロール値を下げる効果があります。血液中のコレステロール値が下がることで、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞を防ぐ効果があります。

 

神経への効果 

タウリンは、構造やはたらきが脳内伝達物質のギャバというものによく似ています。ギャバが働く部位は嗅球(きゅうきゅう)、海馬(かいば)、松果体(しょうかたい)であり、タウリンを摂取するとこれらの部位の働きがよくなることが期待できます。とくに松果体は脳の興奮を抑制する作用があり、睡眠を促す効果があります。この松果体の働きをよくするタウリンは、脳の過剰な興奮によって起こるてんかん発作、不安、多動などの改善に効果があるとされています。

 

このように、タウリンには生活習慣病の主な疾患を防いでくれる効果があります。カキやシジミなどのタウリンが多く含まれる食品をとるとともに、タウリン入りの栄養ドリンクも上手く活用して積極的にとりたいですね。

  

(Photo by:足成 ) 

著者: いおさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

成分別に関する記事

解毒成分グルタチオンの体内合成には、生薬『マリアアザミ』を!

高い抗酸化・解毒作用を発揮する『グルタチオン』   『マリアアザミ』とい...

歯周病の進行を抑える『コエンザイムQ10』『ラクトフェリン』

  歯周病に効果的な健康食品 『コエンザイムQ10』と『ラクトフェリン』   ...


高い抗酸化力のカテキン『EGCG』抽出には80℃加熱が必要?

高い抗酸化力のカテキン『EGCG』には、ビタミンの約90倍の効果がある 近年で...

合成の脂溶性ビタミンの危険性とは?

  合成の脂溶性抗酸化ビタミンを摂取すると、疾患リスクが増加する?!   ...

カラダノートひろば

成分別の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る