カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. 公園から帰ってきたら子どもが激しいかゆみを感じている…かゆみの原因は何?

育児

公園から帰ってきたら子どもが激しいかゆみを感じている…かゆみの原因は何?

子どもたちと遊んで帰宅すると、子どもが痒いと訴える…そんな症状を目の当たりにした事はありませんか?公園で何かあったのかな?さされたのかな?不安になって患部を見ると、腫れていたり出血していたりと、後々症状に気づく!という事も少なく有りません。こんな時、何が原因なのか?痒みの原因となってしまうものを挙げてみましょう!!
 
 

◆虫

まずはです。これは蚊や毛虫がイメージとして湧き易いかと思います。しかし、場合によっては蜂だったりブヨ・ムカデ等も考えられます。刺されてしまうと、激しい痛みや痒みを感じてしまい、お子さんも無意識に掻いたり叩いたりしてしまいますが、掻く・叩く等の行動によって刺さった虫のトゲが更に皮膚の奥深くに侵入してしまい、症状を悪化させてしまうことも!
 
虫に刺されないように虫除けや長袖を着るなどの対策をすると共に、万が一刺された場合には、そのまま触れず親に報告するなどの約束をしっかりと行う必要があります。
 

◆植物

公園にあるような植物の中にも、危険な植物が存在することもあります。大人の目でも、注意深く見なければ発見できない様な危険な葉っぱ・かぶれてしまう木などは、お子さんにとっては尚更発見しにくいものです。かぶれてしまう葉・木は、主にハゼノキ・ヤマハゼ・ヤマウルシ・ツタウルシ…などがあります。
 
見分け方は様々ですが、その中で、お子さんでも解り易い見分け方の1つに“茎が赤い葉は要注意”という見分け方法があります。その他にも、アロエやイチョウ(銀杏)等も場合によってはかぶれてしまう原因になるので十分に気をつけましょう。
 

◆予防

お子さんに対して、触るもの全てに「危険だよ!駄目だよ!」と制限してしまっては、お子さんの好奇心や興味を押さえつけてしまうような物で、お子さんも楽しくなくなってしまうかもしれません。「虫には触らないこと」と「茎が赤い葉には触らない事」などの解り易い約束事をし、あとは、虫除けを塗ってあげる・衣類を選ぶ・虫や危ない木などが多い場所は避けるなどの“大人が出来る判断・対応・対策”をしっかりしておくことが予防になります。
 
 
公園だけでなく、外出時には、危険が沢山あります。“痒み”の原因になるものもあれば、中には命の危険が関わってくるような大きな問題に繋がってしまう原因も沢山あります。しかし、あれこれ制限をつけては、お子さんもノビノビ遊べません。もし痒みを訴えるようなことがあれば、皮膚科へ受診をさせるようにしましょう。
 
(Photo by http://www.ashinari.com/)
 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ホームケアに関する記事

寒冷蕁麻疹の症状と対処、発症しやすい環境について知っておこう!

寒冷アレルギーは温度差によって起こるアレルギーです。寒い地方だけの発症にとど...

子供の嘔吐で気をつけること 吐いた後の脱水症状・窒息の対処法

子供はよく嘔吐をします。 病気や気分が悪いとき、咳き込んだだけでも嘔吐して...

ホームケアの体験談

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

鼻が詰まってねむれない赤ちゃん

娘が風邪をひきました。特に鼻づまりが酷いみたいでつらそうです。 赤ちゃんの鼻風邪、自分で鼻水出せな...

カラダノートひろば

ホームケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る