カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 風邪 >
  6. 高いマスクは意味がなかった?!風邪予防の正しいマスクの選び方

育児・子供の病気

高いマスクは意味がなかった?!風邪予防の正しいマスクの選び方

風邪を引く、又は引き始めにマスクをしている人を見かけます。冬の時期などには風邪の疑いがなくても、菌を体内に入れない様にマスクをしたり、花粉の時期にもマスクが欠かせません。そんな日常的にあるマスクですが、実は、意外にも正しいマスクの選び方を知らない方は沢山います。マスクの正しい選び方を学び、お子さんや大人、みんなでしっかりと予防をしましょう。
 
 

◆使い捨てである事!

マスクにも沢山の種類があり、それぞれに特性が分かれています。今回、風邪予防・インフル予防という視点でマスクを選びたいので、1回1回使用後に処分が出来る使い捨てタイプのマスクを選びましょう。布ではなく紙製で構いません。綿で出来た布製でも良いのですが、付着した菌を持ち帰って洗ったりする事を考えれば、使用後にすぐ処分が出来る衛生面で安心な使い捨てタイプの方が良いでしょう。
 
様々な高性能のマスクが開発・販売されていますが、毎日の予防という目的であればコストの低い、通常タイプの物で大丈夫です。ウィルスそのものは市販のマスクを通り抜けてしまいますが、他人のウィルスが含まれた飛沫はマスクを通る事が出来ません。要するにインフルや風邪感染者がクシャミ等をして飛沫したウィルスはマスクを通る事が出来ないのです。
 

◆マスクをする目的とは??

意外にも間違いやすい“マスクをする目的・用途”ですが、通常のマスク防御力を考えると、マスクをするということは、インフルエンザなどのウィルス菌を含んだ唾液などの飛沫を取り入れないための予防です。よって、とても高性能で完全ブロックするタイプの高価なマスクを毎日購入し、使用するのではなく通常のマスクで十分なのです。
 
さらには、飛沫した菌を取り込むことだけでなく、自分自身の気管・気道を乾燥させないという目的も含まれています。毎日の予防を行うのであれば、経済的にも衛生的にも良いマスクを選びましょう。
 

◆こまめに取り替えること!

どんなマスクを使用したとしても、1日に1枚…という使い方はやめましょう。可能であれば4・5時間おきに1枚交換をするといったイメージで、毎日こまめに取り替えることが大切です。マスクの表面に付着した菌などもありますし、自分自身が出す息・二酸化炭素によってマスク内の湿度が高いと、今度はその部分のバイオや菌が発生してしまい、汚れていきます。マスクを定期的に取り替えて綺麗な状態で使用しましょう。
 
 
お子さんの場合、大人用とは別に、子ども用のマスクが販売されています。お子さんの口のサイズにあったマスクを購入しましょう。キャラクターものが良かったり、高価なものを好んでしまう場合もありますが、そこは毎日取り替えることや、汚れてしまうことなどを説明して、購入するのか諦めるのか…お子さんに選ばせてあげましょう。
 
(Photo by //www.ashinari.com/)
 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

子供の風邪症状、熱、嘔吐、咳…こんな症状のとき、どうしたらいいの?

子供は年中、風邪をひいてしまいます。その症状はさまざまで、症状によって対処も...

恐るべし!風邪予防に蜂蜜パワー!

  【蜂蜜】は風邪予防にとても効果がある食べ物だということを、知っています...

風邪の体験談

初めての風邪…対応と薬について

第二子の息子の経験について書きたいと思います。 上の子は3歳の女の子で保育園に通っていました。 ...

完母なのになぜ?!初めての風邪~生後2か月~

生後6か月はママの免疫で守られている赤ちゃん。ウイルスには耐性があるから大丈夫!な~んて油断してはい...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る