カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. 薬物依存症 >
  5. 女性は覚せい剤にハマりやすい!?脳を壊す?覚せい剤+性行為のセットが危険な理由

メンタル

女性は覚せい剤にハマりやすい!?脳を壊す?覚せい剤+性行為のセットが危険な理由

芸能人が違法のドラッグを使用していて、逮捕されたことはいくつか記憶にある方もいると思います。普通に生活している人にとっては、覚せい剤などの薬物は無縁の存在です。

 

しかし、近頃では、覚せい剤などの薬物で逮捕されている人の半数は暴力団関係者、残りの半数はあなたと同じ一般の人なのです。

 

女性とSEXとドラッグの関係

覚せい剤は俗称としてスピード、シャブ、エスなど色々な名前があります。インターネット上でも隠語を使って売買されていることもあります。

 

数年前には主婦の間での覚せい剤の使用が急増したこともあります。麻布や白金といった高級住宅街で広まったのは、少し衝撃的でした。

 

女性が客の場合、覚せい剤の売人が、対価として金銭以外に性的な行為を要求してくることが多いそうです。すでに覚せい剤を使用している場合、その間隔を忘れられないため、手に入れるために断れないと言うのが実情のようです。

 

女性が覚せい剤に関わるきっかけ

覚せい剤の効果は、一般的に言われるもので「眠くなくなって興奮する」「食欲が減退する」というものです。

 

女性たちは覚せい剤を使う動機として、「ダイエットをする」「勉強をする」理由を挙げることもありますが、女性が覚せい剤を使う動機として、最も一般的なのが、「パートナーからの勧め」です。

 

特に男女で覚せい剤を使用するときには、覚せい剤と性行為がセットになることが多いようです。

 

覚せい剤を使用して、性行為を行うと、脳の中枢神経への強い作用から、過剰な「快感」が生まれます。その「気持ちいい」の感覚が体に深く刻まれるために、何度も繰り返してしまうのです。

 

覚せい剤+性行為で脳に異常

強烈な快楽を生じるメカニズムは脳の破壊だといわれています。

快楽を感じさせる物質を無理やり出したことで、脳の司令塔にかかる負担が大きくなって、結果壊れてしまいます。

 

覚せい剤の効果が切れたあとには、反動として異様な倦怠感、眠気、意欲の低下といった作用が見られます。この状態は壊れてしまった脳では耐えられない苦痛となります。

 

覚せい剤無しではいられない状態に

覚せい剤治療においてしばしば「心が弱い」と言われることがありますが、すでに脳のブレーキが壊れているのですから、心が強い・弱いといった次元ではないのです。

 

人間は本能だけで動くものではなく、理性があり思考があります。覚せい剤はこの人間的でいるための脳の機能を破壊し異常をきたす怖い薬物です。

 

 

覚せい剤などのドラッグは、一般人だから、女性だから関係ないと思っていても実はすぐそばまで近づいてきているかもしれません。

(Photo by://pixabay.com/

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬物依存症に関する記事

危険ドラック(=合法ハーブ)の販売に引っかからないようにするには?

   最近、合法とうたいながら違法なものと同じ作用をもつ危険ドラッグ(=合法ハー...

薬物による3つの危険!2つの依存性と耐性が薬との縁を切れなくさせる

依存性薬物には、その名の通り薬物に依存してしまう症状が現れます。   薬...


子供を『合法ドラッグ』から守るために、親として出来る対策とは?

  子供が中学生になる前から始めておきたい、『合法ドラッグ』から身を守るた...

薬をやめたときに離脱症状!?うつ病治療薬と薬物依存性の関係

  うつ病や自律神経失調症の治療薬は、薬物依存症と同様に、薬をやめたときの副作...

カラダノートひろば

薬物依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る