カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. リンパ節エコー >
  5. もしかして悪性リンパ腫?~リンパ節エコー検査で早期発見!

健康診断・健康管理

もしかして悪性リンパ腫?~リンパ節エコー検査で早期発見!

リンパ節の腫れやしこりのうち、最も気になる病気が悪性リンパ腫や白血病などの悪性腫瘍ではないでしょうか。

 

リンパ節エコー検査と悪性リンパ腫についてまとめました。

 

悪性リンパ腫とは

血液・リンパのガンが悪性リンパ腫です。ひと口に「悪性リンパ腫」といっても、その種類は30以上に分類されます。治療法や進行速度がそれぞれ異なるので、リンパ節に異常を見つけたら、早めにエコー検査などを受けましょう。

 

リンパ節に現れる異変

リンパ節の腫れや小さなしこりから、病気に気づくケースが多いようです。ごく初期では、どこか1つのリンパ節が腫れるくらいで、ケガや風邪による腫れと混同しがちです。

 

小指の先大から大豆程度のしこりができることもあります。しこりが1cm以下なら悪性リンパ腫の可能性は低いといえますが、2cm以上なら要注意。短期間でしこりが大きくなる、長期にわたって消えない、数が増えるなどの変化が起こったら、すぐに受診しましょう。

 

進行すると、2箇所以上のリンパ節が腫れます。上半身または下半身のみのリンパ節が腫れ、さらに進行すると上半身、下半身両方のリンパ節が複数腫れます。これは、ガンが広がっていると考えられます。

 

リンパ節エコー検査と悪性リンパ腫

エコー検査は、各種の画像診断のうち、最も手軽で安全性が高い検査方法です。しこりや腫れがあれば、まずはリンパ節エコー検査を受けるのが良いでしょう。

 

その際、精密検査の必要があると認められれば、ほかの検査も行います。悪性リンパ腫が強く疑われる場合は、生検を実施します。生検は組織を採取する方法で、リンパ節生検、骨髄穿刺、脊髄検査などがあります。

 

悪性リンパ腫の診断には、複数の検査が必要です。リンパ節エコー検査は、その1つに過ぎませんが、手軽に受けられるので、異変があればすぐに検査しましょう。

 

悪性リンパ腫は早期発見が難しい病気です。エコー検査を気軽に受けてみることが、早期発見・治療に結びつきます。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リンパ節エコーに関する記事

リンパ節エコー検査の方法と注意点

リンパ節エコー検査は、痛みや肉体的負担なしでさまざまな病変を調べることができ...

ガンの転移を確かめるのに最適な頸部リンパ節エコー検査

  ガンは悪性腫瘍とも呼ばれ、腫瘍には悪性と良性があります。悪性腫瘍の場合は見...


襟元の広い服を着用しましょう!頸動脈エコー検査の注意点 実際どれくらい時間がかかる?

  命に係わる病気につながることもある動脈硬化が起きているかどうかを調べるため...

頸部リンパ節エコーで引っかかった!?でも心配のない場合もあるんです

  頸部リンパ節エコーで頸部リンパ節に腫脹(腫れ)があるとされても、心配のない...

カラダノートひろば

リンパ節エコーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る