カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 薬物依存症 >
  4. 薬物依存症という病気から『更生』するために~自助グループとはなにか~

メンタル

薬物依存症という病気から『更生』するために~自助グループとはなにか~

 考える1

薬物依存症はひとりきりで抱えて治療するのではなく、同じ境遇の人と共有しながら回復していくことが望ましいとされています。そのための集まりが自助グループです。

 

自助グループとは

共通の問題や障害を抱えた人々が、互いに助けあって問題を解決・回復をしていくことを目的としたグループの事です。依存症である本人だけでなく、家族や身近な周囲の人を対象にしているものもあります。抱えている問題別に様々な種類の自助グループがあり、全国各地で開催されています。

 

自助グループの見つけ方

自分にあった自助グループを初めから見つけるのは難しいので、自助グループに詳しい医師やカウンセラーなどの医療従事者や福祉関係者などの専門家と相談しながら、見つけていくと良いでしょう。

 

自助グループの活動

・12ステップというプログラムを使って運営されているところが多いです

・自身の体験を話し、仲間の体験談も聞きます

・自助グループを安全な場にするために聞いたことは他言しない、名前や身分を必ずしも明かさなくて良い、批判や意見をはさまないというルールがあります

・平等な立場で参加し、ありのままの自分を出すこと、同じ境遇の人の話をきくことによって自己洞察を深めていきます

 

自助グループの有用性

・薬物を使わない時間を過ごせる

・共感が得られる

・自己洞察ができる

・対人関係のトレーニングができる

・先の見通しと自信が得られる

・仲間通しでケアや援助ができる

 

医療機関での治療に見通しがついた頃から利用を始めることもありますし、中には家族を対象とした自助グループに家族が参加することから初めて、本人の治療に結びついたケースもあります。一人で継続すること、家族だけで抱え込んでしまうことはとてもつらいことです。支え、支えられながら回復するための一つの手段です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/10/29-037086.php

著者: amママさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

薬物依存症に関する記事

危険ドラッグで自動車事故を起こした実際の例とは?どんな罰を受けるのか知っておこう

危険ドラッグは、いい気分になれる、ちょっと精神的に疲れた時によいなどと言われま...

更生保護施設の新たな取り組み~薬物などの依存症に対して~

全国に104箇所ある更生保護施設。昨今の社会情勢によって施設入所者の状況が変...


薬物依存を正しく学ぶことが大切!~病院の選び方と治療法~

覚せい剤、大麻、MDMA、危険ドラッグ(脱法ハーブ)など…。薬物依存から離脱...

薬物依存症の治療は継続が肝心!本人・家族の視点から見る『入寮型リハビリ施設』

   薬物依存症という病気は、医療機関での治療が終わったからといって、終了して...

カラダノートひろば

薬物依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る