カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳 >
  5. 母乳で育てたい!陥没乳頭・扁平乳頭の人の母乳育児のポイント

育児・子供の病気

母乳で育てたい!陥没乳頭・扁平乳頭の人の母乳育児のポイント

赤ちゃん

赤ちゃんが自分の母乳を飲んでいる瞬間は、なんとも言えない幸せな気持ちになるものです。そんな母乳育児に憧れていても、「乳頭が平らで赤ちゃんが吸い付きづらいのでは?」「乳頭が陥没していて、吸わせ方がわからない」と悩んでいる方もいると思います。様々な乳頭別に母乳を飲ませるポイントをまとめます。

 

乳首別対策

扁平乳首

・出産後、なるべく早く、まだ乳輪、乳頭の柔らかいうちに赤ちゃんに含ませます

・産後乳房が張りすぎた状態になると硬くてくわえにくくなります

・搾乳するなどして、乳輪部を柔らかくしてから授乳します

・赤ちゃんが大きな口を開けてくれるように、口にちょんちょんと乳頭部分を触れさせます

・赤ちゃんが大きな口を開けたら、奥の方に乳輪全部を入れるようにしてくわえさせます

 

陥没乳首

・妊娠中に乳頭マッサージや乳首を吸い出したり、引っ張りだすようなケアをする必要はありません

・妊娠中は入浴時に乳頭を綺麗に洗うこと、時々ブラジャーを外して直接空気に触れさせる程度で大丈夫です

・赤ちゃんには大きな口を開けて舌を動かして吸うことを覚えてもらうために、乳首の小さい哺乳瓶やおしゃぶりを使わないようにしましょう

・おっぱいのあげ方は扁平乳首と同様に大きい口で乳輪全部をくわえさせます

・どうしても飲ませられない時はスプーンや小さなコップで飲ませてもOKです

 

乳首が小さい

・赤ちゃんの口腔と乳頭が密着しにくいので、乳輪全体を深くくわえさせます

 

乳首が大きい

・赤ちゃんが小さいうちは吸引力も弱く、口が小さいため上手に飲めないかもしれませんが、成長するにつれて飲めるようになります

 

ポイントは、乳首だけを吸ってもらうのではなく、乳輪全体を大きな口でくわえて、吸ってもらうことです。はじめは赤ちゃんも吸引力が弱かったり、お母さんのおっぱいの吸い方がわからなかったりして滑ってしまうこともありますが、時間をかけてチャレンジしてみましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/04/25-036108.php ) 

著者: amママさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

母乳に関する記事

オススメ☆授乳コーディネート

授乳中は授乳しやすいように、すぐに胸が出せる服が便利です。しかし、授乳服で自...

母乳の成分ってなんなの?分泌時期による母乳の特徴と成分変化!

授乳は当たり前のように始まりますが、生まれたばかりの赤ちゃんが飲んでどんどん...

母乳の体験談

完全母乳育児成功のコツ!〜母乳がよくでる食事、控えた食べ物〜

私は妊娠が分かった時から、漠然と母乳で育てたいと考えるようになりました。 粉ミルクに対する抵抗感が...

母乳によいこと、悪いこと~甘いものが食べたいときは!~

今では懐かしい思い出ですが、母乳をあげていた頃は、いろいろと悩んだり、困ったりすることの連続でした。...

カラダノートひろば

母乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る