カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. クリプトコッカス症 >
  5. 鳩の糞に含まれる菌が人の体の中に入って、感染症を起こす!?危ないクリプトコックス菌のナゾ

気になる病気・症状

鳩の糞に含まれる菌が人の体の中に入って、感染症を起こす!?危ないクリプトコックス菌のナゾ

 

自然の中にはいろいろな病原菌がいるものですが、鳩の糞に含まれる菌が人の体の中に入って、感染症を起こすことがあります。真菌の一種である、クリプトコックスによって引き起こされる、クリプトコックス症はその中のひとつです。

 

多く見られるクリプトコッカスによる髄膜炎

免疫不全患者(HIV患者、ステロイド長期服用者、臓器移植後の患者、がん患者など)において、髄膜炎を発症する原因は多岐にわたります。ただその中でも多いのが、クリプトコッカスによる髄膜炎です。

このクリプトコックス髄膜炎の2~3割は免疫が正常な場合にも起こりますが、免疫不全者に比べると症状はごくごく軽いことが多いです。

 

クリプトコックスが全身に広がる!

原因菌であるクリプトコックスは、気道から体内へと入って肺胞内にたどり着きます

肺胞にたどり着くと、クリプトコックスは免疫機能によって防御されます。しかし、免疫機能が低下している場合、免疫細胞に食べられたクリプトコックスの一部は、免疫細胞の内部で存在できるほか、増殖することもできます

増殖したクリプトコックスが免疫細胞内で満ちると、最終的に免疫細胞は死んでしまいます。

その結果、菌自体が血管内に流出します。しかし血液内では防御機能が強く働くため、クリプトコックスはその攻撃を避けて臓器などの免疫細胞内でまた増殖します。これを繰り返して血液循環に乗って全身に広がり、全身への播種が可能になります。

免疫低下の状態では、クリプトコックスが増殖しやすく、この播種性と言われる、全身に広がるクリプトコックス症を生じやすくなります。

 

髄膜の中では増殖しやすい

さて、クリプトコックスと髄膜炎の関係ですが、クリプトコックスが免疫細胞内に潜んだまま、脳血管を通過し、脳内へと侵入した後、免疫細胞から外に出ていくという方法で起こります。脳内へ侵入したクリプトコックスは髄液の中で増殖し、髄膜炎が成立します。

クリプトコックスにとっては、血液中よりも、髄液中の方が増殖しやすいので、症状として出やすいのです。

 

HIVかそうでないかによって症状が違う

クリプトコックスによる髄膜炎は、HIV感染者かそうでないかで症状が変わることも、特徴的です。

HIV感染者がクリプトコックスによる髄膜炎を生じた場合

脳脊髄液の正常化により時間を要する

初診時に中枢神経以外にも、腎臓障害をきたしている

ことが多いです。これに対してHIVに感染していない場合、症状がより軽微になることが多いです。

 

 

クリプトコックス髄膜炎が疑われる場合、播種性クリプトコックス症である可能性があります。つまり血液にのって、全身にクリプトコックスが感染しているかもしれないのです。そのため、他の臓器の診察も必ず行われる必要があります。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

クリプトコッカス症に関する記事

免疫機能が低下しているとかかりやすい!播種性クリプトコッカス症はどんな症状を示す病気?

   播種性クリプトコッカス症といわれても、ピンと来ない方もいらっしゃると思い...

致死率はなんと12%!播種性クリプトコッカス症でみられる症状を知ろう!全身への症状、脳に影響も…?

  通常の免疫能力ではかからない菌に感染することを日和見感染と呼び、播種性クリ...


感染を防ぐ!播種性クリプトコッカス症の予防方法…ハトには近寄らないで!?

  致死率12%、髄膜炎や脳炎での後遺症も考えられる感染症が、播種性クリプトコ...

播種性クリプトコッカス症の治療に使われる薬にはどんなものがあるの?

  播種性クリプトコッカス症は、免疫力の弱い人がかかりやすい日和見感染症のひと...

カラダノートひろば

クリプトコッカス症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る