カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. クリプトコッカス症 >
  5. 日和見感染でも、健康な人がかかることがあるクリプトコックス症…病原菌の特徴とは?

気になる病気・症状

日和見感染でも、健康な人がかかることがあるクリプトコックス症…病原菌の特徴とは?

 

免疫力が低下しているときというのは、細菌感染などに弱くなります。風邪なども免疫力が落ちているときにかかる感染症です。中でも、がんや白血病、HIV感染などを生じていて、免疫力が低下している場合、日常の中のちょっとしたことでも、病気に感染してしまう可能性があるのです。

 

どこでもいつでも起こりうる「クリプトコックス症」

言うまでもありませんが、免疫が落ちている状態というのは、免疫が正常な状態に比べて非常に危険です。それこそ、足元の土や、頭上を飛んでいる鳥から、感染症を起こしてしまうこともあります。

そんな感染症のひとつが、「クリプトコックス症」です。このような感染症のことを日和見感染と言いますが、クリプトコックス症は、他の日和感染よりも病原性が強く、まれではありますが、健康な人にも発症することがあります。

病原性が強いというのは、いかなる感染者においても、播種性の病変が起こりうるという点にもあらわれています。播種性とは「全身に広がる」ということを意味する言葉で、本来は「畑に種をまく」という意味です。畑に種をまいたように、全身に疾患が広がる様子から、「播種」という言葉が使われています。

 

原因となるクリプトコックス

 

病原菌はどこにいる?

原因となる病原体は、真菌の一種のクリプトコッカスです。空気中、土壌中、植物中どの環境にも広く分布し、人獣に共通に感染するので、動物から感染することもあります。

特に有名なのが鳩などの鳥からの感染です。鳩自体は人に比べて体温が高いため、保菌していても症状が出ず感染が成立しないのです。そのため病原菌を持ったまま動き回り、人に感染させることがあります。

 

病原菌の構造

クリプトコックスは莢膜に包まれています。莢膜というのは一部の真正細菌が持つ、被膜状の構造です。体の周囲を粘性の性質をもつこれで覆っています。この膜があることによって、免疫細胞である白血球の攻撃を回避すると言う役割があります。

健常者の体内ならば、白血球がしっかりと働けるので、この莢膜の有無はあまり関係がありません。しかしそうでない場合、クリプトコックスのこの膜が環境によって変化するなどして、白血球などの免疫細胞に抵抗し、感染症を起こしてしまいます。

 

 

健常者はそこまで心配する感染症ではありません。しかし免疫が落ちた状態で感染すると、髄膜炎や肺炎、皮膚症状などが生じることがあります。場合によっては失明することもありますので、油断できません。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

クリプトコッカス症に関する記事

感染を防ぐ!播種性クリプトコッカス症の予防方法…ハトには近寄らないで!?

  致死率12%、髄膜炎や脳炎での後遺症も考えられる感染症が、播種性クリプトコ...

播種性クリプトコッカス症の原因となる菌とはどんなもの?

   播種性クリプトコッカス症とは、クリプトコッカス症の病型の1種です。クリプ...


鳩の糞に含まれる菌が人の体の中に入って、感染症を起こす!?危ないクリプトコックス菌のナゾ

  自然の中にはいろいろな病原菌がいるものですが、鳩の糞に含まれる菌が人の体の中...

播種性クリプトコッカス症の治療に使われる薬にはどんなものがあるの?

  播種性クリプトコッカス症は、免疫力の弱い人がかかりやすい日和見感染症のひと...

カラダノートひろば

クリプトコッカス症の関連カテゴリ

クリプトコッカス症の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る