カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 生活習慣 >
  5. パパも十分気をつけて!妊活中の煙草は厳禁です!3か月前までには禁煙を

妊娠・出産

パパも十分気をつけて!妊活中の煙草は厳禁です!3か月前までには禁煙を

たばこは健康への害が多いことから妊娠を望む女性には厳禁とされていますが、男性にとっても妊活中は厳禁です。

具体的に、たばこがどんな害を及ぼすのかを見ていきます。

 

●たばこで精子の形態異常が起きる!

たばこに含まれる有害物質が体に起こす問題は、体内の器官を酸欠状態にしてしまうことです。

たばこに含まれる有害物質である一酸化炭素は酸素よりもヘモグロビンと結合しやすく、血液中では酸素を上手に運べなくなります。

その影響は全身に渡り、男性の場合は精巣での酸素不足が起きることで、運動率の低い精子が作られてしまう問題があります。

 

●受動喫煙の問題も忘れてはいけない

たばこを吸うとすれば、家の中で吸う方もいるかもしれません。そうすると同じ家で暮らす奥さんに受動喫煙させてしまうことになるのです。

奥さんが受動喫煙すると、女性ホルモンの分泌が抑えられて、妊娠しにくい体になってしまいます。

こういった意味からも、たばこは妊活中にはふさわしくありません。

 

●妊活3ヶ月前までには禁煙を

精巣で作られた精子細胞が成熟して、実際に射精・受精に至るまでにはおよそ3ヶ月かかると言われています。

ということで、妊活を考えている、そろそろ子供を急いで作りたいと考えている場合には、3か月前までに禁煙をしておく必要があります。

 

禁煙がうまく行けば、妊活だけではなく肺への健康被害などを抑えることにもつながります。

妊娠のしやすさの他に、健康のことを考えて禁煙を続けるという選択肢もあります。

今までがヘビースモーカーで、どうやって禁煙したらよいかもわからない場合には、まず禁煙外来を訪れてみることをお勧めします。

自分で禁煙する場合にも、禁煙仲間を作ったりコミュニティに入ると、やる気が保たれやすいです。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣に関する記事

妊活に効果あり!?妊娠しやすい体を作る「ゆりはち妊娠エクササイズ」!

妊活には、適度な運動が良いとされています。ウォーキングやヨガ、ピラティスなど...

どうして妊活にタバコは禁物なの?喫煙が妊活に与える怖い影響

近年日本は健康志向になり、喫煙者が減ったり、喫煙場所も完全に隔離されています...

生活習慣の体験談

保冷剤を温める!妊活中は冷えに注意!

大島さんのこの本を購入してからいろいろと勉強になることがあります。 何を気をつけていたのか・・ぜん...

妊活に冷えは大敵!布ナプキンが冷え対策になる?!

もともと冷え性なのか、小さい頃からずっと手足など末端が常に冷たく、他人からも「冷えてるね~」とよく言...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る