カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 風疹(三日はしか) >
  6. 幼児がかかりやすい感染症、「麻疹」と「風疹」の特徴とは

育児・子供の病気

幼児がかかりやすい感染症、「麻疹」と「風疹」の特徴とは

幼児期は様々な感染症にかかりやすいもの。特に、ここでは麻疹と風疹について親が気づくべき初期症状、家ですべきケアについて詳しく見ていきましょう。

 

麻疹

 ・親が気づくべき初期症状とは

麻疹にかかると鼻水・くしゃみ・せきなどといった風邪に似た症状から始まります。熱をはかると38度以上の高熱になります。目やにや鼻水がひどくなるのも特徴的です。3-4日高熱が続き、一度下がりが、また熱が出る場合があり、そのとき合わせて体に赤い発疹が出て、せきがひどくなります。

 

・麻疹のお医者さんの診断

お医者さんは上記のような症状の子供を診察するとき、頬の内側を見ます。その際に白っぽい斑点(コブリック班)があると麻疹と診断されます。

 

・麻疹の際の家でのケア

お医者さんから処方された抗生物質や解熱剤は指示通りに飲ませましょう。そして水分を十分に飲ませて脱水症状を防ぎます。次に合併症の有無には十分に気をつけましょう。泣きながら手を耳にあてるしぐさをしている場合は中耳炎、咳き込みが非常に激しい場合は肺炎の疑いがあります。また、ぐったりしている場合は脳炎の可能性もあるので、かかりつけの小児科にできるだけ早めに行きましょう。場合によっては、入院しなければならない場合もあります。

 

風疹の場合は?

風疹も麻疹と同様に鼻水、38度前後の熱が発生します。病院では、クビの後ろなどのリンパ節の腫れの有無につき、触診することで風疹か否か診断します。家でのケアも麻疹と同様ですが、風疹はママが妊婦の場合はお腹の赤ちゃんにも影響する可能性があるので、ママが風疹に感染していないかも合わせて確認したほうが良いでしょう。

 

 

どちらも風邪に似た症状ですが、子供の状況をしっかり観察して、病院に行くなどの対応をとることが大変重要です。

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風疹(三日はしか)に関する記事

子どもに多い病気~風疹

  俗に3日ばしかと呼ばれる、風疹。 その俗称とは異なり、はしかとは別の病気で...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

風疹(三日はしか)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る