カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. ヘルパンギーナ >
  6. 髄膜炎の合併リスクも!?幼児がかかる夏かぜの一種、ヘルパンギーナに気をつけよう!

育児・子供の病気

髄膜炎の合併リスクも!?幼児がかかる夏かぜの一種、ヘルパンギーナに気をつけよう!

これからの時期、幼児は夏かぜにかかる可能性が高まります。夏かぜは医学上はヘルパンギーナと呼ばれ、乳幼児を対象としたウイルス感染症です。では、このヘルパンギーナはどのような特徴をもち、どのようなケアを子供にすべきなのでしょうか。

 

1 ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナとは、エンテロウイルスと呼ばれるウイルスのグループに属するウイルスです。このグループの中でも、特にコクサッキーウイルスが原因となって発症するといわれています。

 

2 ヘルパンギーナにかかるとどのような症状が見られるのでしょうか?

ヘルパンギーナを発症すると、子供の喉に水泡ができます。そのため、ごはんを食べたり、飲み物を飲んでるときに嫌がったり、泣いたりするなど不機嫌になったらこの病気を疑いましょう。また、高熱もヘルパンギーナの特徴的症状です。38度以上の高熱が出ます。喉の水疱がつぶれると、非常に痛くて食べ物や飲み物が喉を通りません。このような場合は、以下のようなものを与えると良いでしょう。

 

・オートミール

・野菜スープ

・できるだけとろとろにしたおかゆ

・プリン

・甘いゼリー(ただし、酸味のあるものは避けましょう)

・プリン

 

水分も甘くて冷たいものを中心に与えましょう。水分摂取がどうしてもできない場合は脱水症状の恐れがあるので、急いで病院に連れていき、点滴による水分補給を行う必要があります。

 

3 髄膜炎にも要注意!

ヘルパンギーナには髄膜炎の合併リスクがあります。そのため、上記の症状の他に、頭痛や嘔吐がある場合には早めに病院に連れていって診察を受けることが必要です。

 

 

以上のように、ヘルパンギーナは夏かぜとしてありふれた病気ですが、脱水症状になるリスクがあり、髄膜炎など怖い病気を併発する場合もあるので、十分に注意する必要があります。

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ヘルパンギーナに関する記事

こんな行為に要注意!感染する危険性!ヘルパンギーナの原因について

ヘルパンギーナは、エンテロウイルス属のコクサッキーウイルスなどに感染して発症...

ヘルパンギーナの原因について~ウイルスの性質を知ろう!

ヘルパンギーナは、ウイルスが原因の病気です。どんなウイルスかを知り、感染予防...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

ヘルパンギーナの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る