カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 小児喘息 >
  6. 死に至る場合もある!小児気管支ぜんそくをしっかり理解しよう!

育児・子供の病気

死に至る場合もある!小児気管支ぜんそくをしっかり理解しよう!

幼児期にかかる恐れのある小児気管支ぜんそくですが、これは場合によっては、死につながる怖い病気です。しかし、しっかりとこの病気の特徴について理解することで必要以上に恐れる必要がなくなります。

 

1 小児気管支ぜんそくとは?

小児気管支ぜんそくとは、肺の中にある空気の通り道である気管支が過敏な状態になってしまい、さまざまなちょっとした刺激に対して過敏に反応するため、ぜんそく発作を起こしやすくなる病気を指します。これらの刺激にはダニ、ハウスダスト、煙などの様々な化学物質を含んだアレルゲンの他、天候・運動なども含まれます

気管支を取り囲む筋肉が収縮し、また粘膜が腫れたり分泌物が増加するなどして気道が狭くなるため、咳や呼吸が苦しくなるといった発作が現れます。

 

2 小児気管支ぜんそくの具体的な症状とは?

小児気管支ぜんそくは夜や明け方に起こりやすく、子供が呼吸するたびに、「ゼーゼー」や「ヒューヒュー」といった独特の音が発せられます。

また、たんの分泌が多くなるため、たくさんたんが出ます。発作が激しくなると、呼吸がしづらくなるため、肩で呼吸をする、または首の下のくぼみ・肋骨部分が深くへこむ呼吸をし始めます。会話がしづらくなり、横たわることができないといった場合もあります。ひどい発作の場合は死につながる可能性もあります。

 

3 小児気管支ぜんそくの治療法とは?

小児気管支ぜんそくは放置して悪化させると気管支が硬くなり治癒が困難になるため、早期の治療が必要です。通常薬物治療が主流で、抗アレルギー薬の内服・吸入、気管支拡張約の内服など、様々な薬の投与を行います。

また、長期的な治療として、室内のほこりやダニを減らすため、こまめに掃除をしたり空気清浄機を設置するなどの努力も必要です。

  

ぜんそくになると運動するのも大変です。このような症状が出たら、早めにお医者さんに診てもらいましょう。

 

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

小児喘息に関する記事

幼児の気管支ぜんそくの対処法!発作に負けない強いからだ作り♪

気管支ぜんそくとは、ヒューヒューゼイゼイといった咳や呼吸困難などを伴う病気で、...

幼児の気管支ぜんそくは早い子で生後2か月から!?悪化させない方法

ぜんそくは、大人だけでなく子ども、そして生後2か月と小さい赤ちゃんでも発症して...

小児喘息の体験談

子供の喘息について。

我が家の、長男君。 とにかくよく病気になってた…。 1ヶ月に何度仕事を休んだか。 1歳になるま...

カラダノートひろば

小児喘息の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る