カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 生活習慣病 >
  5. 幼児に増えているアトピー性皮膚炎、その特徴とは?

育児・子供の病気

幼児に増えているアトピー性皮膚炎、その特徴とは?

最近幼児に増えているアトピー性皮膚炎ですが、これは具体的にどのような病気で、どのような症状・治療があるのでしょうか。

 

1 アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質や皮膚のデリケートさから起こる皮膚の炎症です。繰り返し発生するかゆみを伴う湿疹が代表的な症状です。アレルギー症状の一種であり、外的から身を守るからだのシステムが過剰に反応してしまうため、本来害のないものからも刺激を受けて皮膚がかゆくなったり炎症を起こしたりするのです。

 

2 アトピー性皮膚炎の症状とは

かゆみのある湿疹が特徴的で、症状が悪化したり改善したりするのが一般的です。長い間湿疹が出来たままだと、皮膚が厚く硬くなったりしこりができる場合があります。

また、皮膚のかさつきもアトピー性皮膚炎の特徴です。

 

かゆいがゆえに掻いてしまうと湿疹は悪化し、傷ができるとそこから細菌感染して、炎症がさらに悪化する可能性があります。

アトピー性皮膚炎の判断基準としては、こうした湿疹が乳児の場合2ヶ月以上続くと、それ以上の子供は6ヶ月以上続いた場合、確定診断がなされます

 

3 アトピー性皮膚炎の治療とは

アトピー性皮膚炎にかかってしまった場合、どのような治療法があるのでしょうか。通常は軟膏や内服薬を用いた皮膚のケアやかゆみの症状のコントロールが一般的です。また、この病気は環境の要素も関わっているとされているので、生活環境の整備も必要となります。

 

さらに皮膚の乾燥を防いでしっかりと保湿をすることが大変重要です。強い湿疹が出た場合は副腎皮質ステロイド軟膏などを用い、かゆみを抑えるためのアレルギーの薬なども合わせて処方されるのが一般的です。

 

 

アトピー性皮膚炎はまだ原因がはっきりしていないために、根本的な原因を除去することができません。その意味で治療にあたっては、長期戦となることを踏まえておきましょう。

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣病に関する記事

10代の糖尿病:ペットボトル症候群の症状

  子どもの糖尿病のうち、II型糖尿病は、いわゆる「ペットボトル症候群」と呼ば...

子どもの時の悪い姿勢が影響!悪い姿勢が引き起こす病気

   子供の時の姿勢は、大人になっても影響します。 姿勢のすっと伸びた人は、60...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

生活習慣病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る