カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. ロタウイルス >
  5. 幼児期の感染性の胃腸炎に注意!典型的なウイルスはロタウイルスとノロウイルス

>>感染性胃腸炎の検索結果に戻る

育児・子供の病気

幼児期の感染性の胃腸炎に注意!典型的なウイルスはロタウイルスとノロウイルス

幼児期には様々な感染症にかかりますが、それによって胃腸炎を発症することがあります。では、具体的にどのような原因菌によって胃腸炎を発症し、どのような症状の特徴があるのでしょうか。

 

感染性胃腸炎とは

感染性胃腸炎はウイルスや細菌による感染症の総称で、典型的な症状としては腹痛、下痢、嘔吐といった胃腸の症状の他、発熱・むかむか感といった症状が伴います。細菌やウイルスに汚染された食物を食べたり飲み物を飲んだり、保菌者との接触を通じて感染します。また、乾燥してチリとなった便が体内に取り込まれることでも発症します。

 

典型的なウイルスはロタウイルスとノロウイルス

感染性胃腸炎の原因となるウイルスには代表的なものとして、ロタウイルスがあります。ロタウイルスの潜伏期間は1-2日と短く、6ヶ月から2歳までの乳幼児が多くかかるといわれています。感染力が強いので、家族への感染にも注意を払う必要があります。嘔吐をもよおし、腹痛や発熱の後、酸っぱい匂いの下痢が出る場合があります。熱そのものは半日から2日と潜伏期間を過ぎれば治まりますが、下痢については5-7日程度続くといわれています。流行の季節としては冬から春ですが、一年中気をつけるべきウイルスです。

 

もう一つの代表的なウイルスがノロウイルスです。こちらも潜伏期間は1-2日となっており、吐き気・激しい嘔吐、水のような下痢、腹痛など伴います。小児の場合は嘔吐の症状が大人よりも多い傾向にあり、ところかまわず吐いてしまうほどです。

 

 

現在では、乳児にロタウイルスの予防接種がありますが、いずれにせよ、疑わしい症状が現れた場合は、すぐにお医者さんに見てもらいましょう。そして、両者とも下痢を伴うので、水分補給には十分に気をつけましょう。

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ロタウイルスに関する記事

1歳未満の乳幼児は要注意!?ロタウイルス腸炎について

  感染性胃腸炎には、ウイルス性のものと細菌によるものがあります。 細菌によ...

子どもが乳児冬季下痢嘔吐症になってしまったら…症状と治療法

子どもが乳児冬季下痢嘔吐症になってしまったら、中には命に関わるケースもあるので...

ロタウイルスの体験談

恐怖のウィルス性胃腸炎①

大人でも恐いのがウィルス性胃腸炎ですよね。私自身かかったことがなかったのでその恐さはそれまで知りませ...

初めての胃腸炎

年明け早々、息子が胃腸炎にかかりました。 病院に行ったところ、 特にウンチの検査などをするこ...

カラダノートひろば

ロタウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る