カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 慢性骨髄性白血病 >
  4. 慢性の急性転化と合併症に注意!白血病の原因は?

ガン・悪性腫瘍

慢性の急性転化と合併症に注意!白血病の原因は?

images%20(3).jpg

血液の専門医を受診し納得して治療を受けること


完全に成熟しない段階の白血球が異常に増加する一方で、正常な血液細胞が減少する血液の癌です。
2008年にはおよそ7700人が白血病で亡くなっていますが、これは全癌中二位になります。

かつては「不治の病」の代名詞のような病気でしたが、抗がん剤の開発や骨髄移植をはじめとする造血幹細胞移植など、新たな治療法の登場で、癌の中でも治る確率の高いものになっています。

白血病には多くの種類があり、それぞれ治療法や予後が異なります。
大切なことは、必ず血液の専門医を受診して十分に説明を受け、最終的には患者さん自身の判断で医療機関や治療法を選択することです。
多くの場合、治療は長期にわたること、ある程度の副作用や合併症は避けられないことも知っておきましょう。

骨髄性とリンパ性、急性と慢性に分けられる


骨髄性白血病とリンパ性白血病に大別され、それぞれに急性と慢性があります。
成人では、骨髄性とリンパ性の割合は8:2、急性と慢性の割合も8:2となっています。

一般には成人の急性リンパ性白血病は治療が難しく、予後も急性骨髄性白血病に比べて悪いことが知られています。
慢性骨髄性白血病では、慢性期は薬剤を使えばコントロールできますが、通常数年以内に急性転化を起こし、あらゆる治療が無効をなります。
急性転化とは、急性白血病と同じように未熟な白血病細胞が増加することです。
したがって、慢性期のうちに治癒を目指す治療を受けるべきです。

■原因


白血病は、造血幹細胞などの細胞ががん化し、未成熟な白血球(白血病細胞)が骨髄や血液中で増殖する病気です。
造血幹細胞は、白血球や赤血球などの血球のもとになります。
この細胞は、骨髄系細胞とリンパ系細胞に分かれることから、白血病も骨髄性とリンパ性に分類されます。

細胞をがん化させる明らかな原因は、放射線被ばくです。
そのほか危険因子として、有毒な有機化合物、薬剤などがあげられます。

また、慢性骨髄性白血病は、染色体異常が原因で発病すると考えられています。
9番と22番の染色体がそれぞれ一部、互いに置き換わって異常な染色体がつくられます。
その結果、ふつうならつくられない異常なたんぱく質がつくられるようになり、それががん化を促します。

慢性の急性転化と合併症に注意


慢性骨髄性白血病は、2~10年すると急性転化を起こします。
急性転化を起こすと、化学療法に反応しなくなり、約90%の人は3~6ヶ月で死亡します。
これに対して慢性リンパ性白血病は、急性転化することはあまりありません。

白血病の怖さは、合併症を引き起こしやすいことです。
とくに、肺炎や敗血症などの感染症は、白血病の死因の一位にあげられます。
また、白血病の再発や薬の副作用による出血も、白血病の死因の多くを占めています。

白血病細胞が中枢神経に浸潤すると、頭痛や嘔吐などの頭がい骨内圧亢進症状や視力障害、神経麻痺などが起こります。

著者: ひーちゃんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

慢性骨髄性白血病に関する記事

慢性骨髄性白血病の分子標的治療薬とは?

  慢性骨髄性白血病の分子標的治療薬とは?   慢性骨髄性白血病の慢性期(第一...

カラダノートひろば

慢性骨髄性白血病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る