カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 乳幼児がかかりやすい急性中耳炎の症状と治療法とは?

育児・子供の病気

乳幼児がかかりやすい急性中耳炎の症状と治療法とは?

子供の病気は主にウイルスや細菌感染により内臓に様々な症状を発生させるものが多いのですが、急性中耳炎の場合は耳の内部に炎症を起こす病気です。では、この急性中耳炎は具体的にどのような病気なのでしょうか。

 

急性中耳炎とは

鼓膜のうしろにある空洞を中耳といい、この部分に炎症が起こった場合、中耳炎と診断されます。急性中耳炎は中耳炎の中でも細菌などの原因で炎症が起こる中耳炎を指し、最もポピュラーなものと言っても過言ではありません。

急性中耳炎の治りが悪く症状が長期化してくると、慢性中耳炎になります。慢性中耳炎になると、鼓膜に穴が開いてしまいうみが出てきます。

 

 

急性中耳炎の症状とは

急性中耳炎になった場合、耳の痛み、発熱、そして聞こえにくいといった症状が出ます。その理由としては、かぜをひいた場合などでのどや鼻で増えたウイルスや細菌が耳管を通って中耳に入るからです。

 

放置すると鼓膜が破れてうみが外に流れ出してきます。鼓膜が破れることで耳の痛みは軽減します。乳幼児の場合、どのようにこの症状を確かめれば良いかといえば、しきりに耳に手を当てていないか、耳を軽く引っ張るだけで泣き出す、発熱があって夜泣きがひどいといった場合は要注意ですので、早めに小児科の先生に診てもらいましょう。

 

 

急性中耳炎の治療とは

急性中耳炎の治療にあたっては、中耳に分泌物やうみが貯まっている場合は、鼓膜を切ってまずこれらを排出します。そして、抗炎症薬や抗生物質を耳にさす、又は服用する投薬療法が一般的です。また痛みについては鎮痛薬が処方されます。

 

 

中耳炎には急性・慢性の他にも様々な形態があり、症状がより重いものもあります。子供が耳に違和感を覚えているようであれば、早めに病院に連れて行きましょう。

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

生後1,2ヶ月の赤ちゃんの鼻詰まりの原因と解消法!

生後1,2ヶ月頃、風邪の症状は出ていないのに鼻詰まりで苦しそうにしていると辛...

耳垢が耳の中に溜まってしまう「耳垢栓塞」とは?

  耳の病気には難聴や外耳道炎などがあります。そして、耳垢塞栓も耳の病気のひと...

耳・鼻・口・喉の体験談

副耳ってなに?発覚と治療について

次男には生まれつき、左耳に副耳と耳垂裂があります。 出産直後は私も助産師さんも気付いておらず、...

生後7ヶ月、中耳炎になる〜切開排膿

ここ最近すんっごく寒くなったので娘に厚着させてました。 鼻垂れもあったので、風邪引かせちゃダメ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る