カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 1歳児後半の子どもとの楽しい遊びかたとは?1歳児後半の子供の特徴、遊ぶ際のポイント

育児

1歳児後半の子どもとの楽しい遊びかたとは?1歳児後半の子供の特徴、遊ぶ際のポイント

1歳児後半にはパパやママにとって子供の成長をたくさん認識できる頃です。

一人歩きができるようになり、言葉もちょっとずつ覚えていきます。

では、この多感な1歳児後半にかけてどのような遊びをすれば良いでしょうか。

 

1 1歳児後半の子供の特徴とは

1歳児後半になってくると、運動能力はさらに向上し、走ったりジャンプしたりできるようになります。また脳内では考える力、記憶する力が育っており、意味のある単語が出るようになります。また、積み木を家に見立てたりなど、想像力を利用した遊びができるようになるのも、この時期の子供の特徴です。

 

2 1歳児の後半の子供と遊ぶ際のポイントとは?

1歳児後半の子供と遊ぶ際には、以下の点をポイントにすると良いでしょう。

 

予測させて結果と比較させることをさせましょう。

「こうなるかな?」と問いかけ、その通りになったか、ならなかったか、こうした点を子供に考えさせるような遊びを心がけましょう。

 

問題を解決するための工夫を伴う遊びをさせましょう。

「どうしてだろう?何でだろう?どうしようか?」と問いかけ、問題を提示して、これを解決できたらほめてあげましょう。

 

3 おもちゃ遊び・外遊びのポイント

おもちゃ遊びではパズル遊びで、形を見分けて絵を完成させることで、子供は大きな達成感を得ることができます。

また、出し入れができるおもちゃだと、好奇心や想像力を刺激するだけではなく、きっちり入れることができたら子供は自信を持ちます。

また、外では公園でかくれんぼも良いでしょう。

からだの一部を出すなど、ある程度簡単に見つかるようにして、見つけたら大いにほめてあげるのが大変重要です。

 

おもちゃ遊びや外遊びを通じて、子供の心と体を大いに育んでいきましょう。

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

遊び・あやしに関する記事

子ども一人に使わせない!スマホ育児をするときの注意点

スマートフォンやタブレット端末の普及は育児の世界にも及んでいます。 スマホ...

赤ちゃんの遊び相手は大変!ママのお悩みとは

大人同士でのランチや遊びは楽しいけれど、赤ちゃんとの遊びは思っていたよりも大変...

遊び・あやしの体験談

生まれて初めての雪遊び!

今年は早い時期に一気に雪が降った北海道 三女、初めての雪遊びです!初めての雪の感想は・・・?今...

おどろきのおんぶ効果!

長女の時も長男のときも、散歩の途中や買い物のときに抱っこひもで子どもを抱いているとよく年配の方々に「...

カラダノートひろば

遊び・あやしの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る