カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 2歳児・3歳児になったら、いろんな遊びをしてあげよう!オススメのおもちゃ遊び・外遊び

育児・子供の病気

2歳児・3歳児になったら、いろんな遊びをしてあげよう!オススメのおもちゃ遊び・外遊び

2歳児の子供はどんどん体が器用になり、見ている親がときとして不安に思うことも多々あります。

では、2歳児、そしてさらに成長した3歳児の子供と遊ぶ際のポイントは何でしょうか。

 

2歳児の子供の特徴とは

2歳児になってくると、手先が器用になり自分の体をある程度思い通りに動かすことができるようになります。

そして、他の子にも自分から積極的に関わっていく子も増えてきます。

言語能力にも著しい発達が見られ、使える語彙力がアップし、次第に発音がはっきりしていきます。

そのため、言葉で相手に自分の意志を伝えることがより頻繁にできるようになります。

そして、簡単なストーリーを追うことができるようになるのも2歳児の特徴です。

 

2歳児との遊びのポイント

2歳児と遊ぶときにはどのような点に注意したら良いでしょうか。この頃になると1人で集中して遊ぶ機会も増えます。

そのような際には、そっと見守ってあげましょう

子供が一人で遊ぶことができるというのも、立派な成長で充実感を得ることができるからです。

一緒に遊ぶときには、歌や音楽に合わせて楽しく体を動かすのも良いでしょう。

また、いろいろなごっこ遊びもまた、子供は喜びます。買い物ごっこやままごとをしてみましょう。

そのときにルールを決めてやると子供に一定の規範意識が芽生えます。

また、力を加えると変形する素材(粘土など)を用いることで、子供の創造力を鍛えることにつながります。

 

3歳児と遊ぶおもちゃ遊び・外遊び

3歳児とおもちゃや外で遊ぶときには、粘土や砂・水遊びなど良いでしょう。遊びによっていろいろと形が変わり、子供の創造力を伸ばすにはうってつけのおもちゃです。

ひも通し遊びは、子供の集中力を養うのにうってつけです。

厚紙などに穴を開けて、その穴にひもを通させましょう。

指先の刺激にもなり、子供の指先の器用さを鍛える上でも最適です。

後片付けはちょっと大変ですが、新聞紙をちぎって、遊ぶのも子供は喜びます。

 

子供にとっては、遊びは楽しいだけではなく、ストレス解消にもなります。

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

遊び・あやしに関する記事

【乳児の育児体験談】母と子のヨガ教室を受けてみました♪

生後9ヶ月の時から、ベビーと一緒のヨガ教室に参加しました。 内容は1時間で...

子どもをのばす遊び?!子どもの脳を育てるおすすめの遊びとは?

子どもの脳はまだまだ発達の途中で、無限の可能性を秘めているといっても過言ではあ...

遊び・あやしの体験談

近所でやっている子供の遊び場 “ハッピーローソン”

まだ子供が首が座っていなかったり、はいはいが出来なかった頃に行っていた所を紹介します 本当はそ...

【 TV 】 ( ̄ *)見てマース♪

成長してるあかしなのか(笑) テレビに興味をもちだしました( ̄^ ̄)ゞ なので!!ここで使えるの...

カラダノートひろば

遊び・あやしの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る