カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 骨折 >
  4. リハビリ(骨折) >
  5. 【脛骨高原骨折とリハビリテーション】高齢者の骨折&交通事故・転落事故での骨折

介護・認知症

【脛骨高原骨折とリハビリテーション】高齢者の骨折&交通事故・転落事故での骨折

下腿

脛骨(けいこつ)?高原?いったいどこが骨折しているのかイメージがつきにくいかもしれません。若年者では交通事故や高所からの転落、高齢者では少し転んだだけで骨折することがある、脛骨高原骨折についてまとめます。

 

脛骨高原骨折とは

脛骨プラトー骨折とも言われます。膝の下から足首までの間には、脛骨と腓骨という骨が二本あります。そのうち太いほうが脛骨です。脛骨の上端は膝関節を形成しているので、うまく治療できないと体重を支えることができず、膝をスムーズに動かしたり、体重を支えて歩くことが難しくなってしまいます。

高齢者は転んだ後に膝が痛くて歩けなくなります。次第に膝に血液が溜まってきます。

 

脛骨高原骨折の治療

手術での治療が一般的です。関節の部分の骨折なので、関節面を綺麗にしないと痛みが出るなど、後遺症が残ってしまう可能性があるからです。脛骨全体にプレート呼ばれる板を大きなネジのようなスクリューで固定する場合と、骨折した部位のみにスクリューを入れて固定する場合があります。

 

脛骨高原骨折のリハビリテーション

主に理学療法士(PT)が担当します。

 

術後すぐ

・腫れや浮腫を予防するために足を置く位置を工夫したり、足先をマッサージしたりします

 

術後数日

・ゆっくりと膝を曲げる練習を始めます

・膝を伸ばし続ける練習をします

・太ももの筋肉のストレッチや筋力を落とさないためのトレーニングをします

・膝のお皿の動きが悪くならないように動かします

・股関節の動きを悪くしないように動かします

・PTが介助しながら動かす練習をしていきます

 

術後3~4週

・足に荷重をかけていきます。体重の数%の荷重から徐々に増やしていきます

・松葉杖や平行棒から歩行練習を初めて一本杖になるまで大体2ヶ月程度かかります。

 

適切な治療とリハビリを行わなければ後遺症を残しかねない骨折です。自己判断でリハビリを行わないよう、医師、PTの指示に従って行うことが大切です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2014/03/22-387557.php ) 

著者: amママさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(骨折)に関する記事

廃用症候群防止には早期のリハビリテーション導入がカギ!

  高齢者の骨折は、早期治療やリハビリテーションが実施されないと、廃用症候群な...

知っていますか?現在の医療保険でのリハビリテーションの問題点

          人口高齢化の中で医学的リハビリテーションの対象は、数の上...


高齢者の骨折は早期のリハビリが大切

高齢者の骨折では、完治後の生活を見据えたリハビリが大切です。ギプスなどによる固...

骨折のリハビリで利用できる高齢者施設・サービス

  高齢者の骨折では、リハビリが長期に及ぶことも少なくありません。どこでリ...

カラダノートひろば

リハビリ(骨折)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る