カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 児童養護施設で生活する子供の現状…運営はどうなっているの?

育児・子供の病気

児童養護施設で生活する子供の現状…運営はどうなっているの?

児童養護施設についてはあまり知られていないのが現状ですが、この児童養護施設について、これを機に正しい知識を持ちましょう。

 

1 児童養護施設で生活する子供の現状について

現在、児童養護施設で生活する子供は3万人を超えました。この数は1995年と比べるとおよそ3000人増加していますが、施設数は足りておらず、施設不足の状況が続いています。

 

児童養護施設においては、基本的にユニットと呼ばれる舎単位で、分かれて集団生活をしています。施設全体の定員としては施設の規模にもよりますが小さい施設では30人、大きい施設だと100人以上の子供が同じ屋根の下で生活しています。1舎につき20人以上の児童が生活する舎を大舎制といい、これを採用している施設が全ての児童養護施設の7割以上を占めています。子供のことを考えると、できるだけ1舎につき10人前後に抑えることで、より家庭に近い生活環境を目指すことが可能ですが、残念ながら施設不足などの原因により、多くの施設では大人数での生活を余儀なくされているのです。

 

2 児童養護施設の運営

児童養護施設は公的施設ですが、どのように運営されているかというと、社会福祉法人が行政から運営を委託されるという形をとっています。そして施設の運営資金については国からの措置費及び地方自治体からの補助金で成り立っています。これらの予算については、実は子供1人あたりに充てることのできる費用が決まっています。

 

また、職員の人数ですが子供5.5人に対して1人の職員を配置するための手当てしか支出されておりません。これはおよそ5-6人の子供の面倒を見る親と同じ負担です。

 

以上のように、児童養護施設についてはその施設の規模・運営においてまだまだ改善の余地があるといえます。

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

保育園・施設に関する記事

仕事のスタート・子供の入園スタートの調整が大事!

  幼稚園や保育園、託児所に入園させてしばらくしてから、仕事をスタートさせ...

保育園よりも良いベビーシッターのメリットって何?

              出産後、再び働き始めようとするとき、保育園や幼稚...

保育園・施設の体験談

想像より数万倍は大変!!甘く見ちゃいけない保活

9月生まれのわが子。保育園は1歳半になる再来年の4月でもいいかな~?やっぱり1歳までは自分でみたいよ...

乳腺炎で麻酔なしの切開手術!育児中のお母さんの急な病気

お母さんが急な病気になっても困らないように、前もってしておくといいことについて書きたいと思います。お...

カラダノートひろば

保育園・施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る