カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. 最も有名な赤ちゃんが生まれたお祝い♪産後1ヶ月に「お宮参り」をしよう

妊娠・出産

最も有名な赤ちゃんが生まれたお祝い♪産後1ヶ月に「お宮参り」をしよう

赤ちゃんが生まれた後のお祝いは多々ありますが、その中でも最も有名なお祝いの一つがお宮参りではないでしょうか。では、これは具体的にどのようなお祝いなのでしょうか。

 

1 お宮参りとは

お宮参りは初宮参りとも呼ばれ、赤ちゃんが生まれて1ヶ月目に、生後1ヶ月を迎えたことを産土神に対して感謝し、報告する行事を指します。お宮参りはその後の健やかな成長を願うものですが、通常両親と父方の祖母が付き添って神社にお宮参りに行くのが風習であるとされていますが、現在では父方の祖母だけではなく母方の祖母も付き添うケースが散見されます。

 

2お宮参りの時期とは

お宮参りの時期は赤ちゃんの性別によって異なり、一般的には男の子は生後31日か32日に、女の子は生後32日か33日に行われますが、地域によっても異なります。一般的には男の子の方がお宮参りの時期が早いのですが、京都では女の子が早くお嫁にいくことができるようにという願いを込めて、男の子よりも早い時期にお宮参りを済ませてしまうという風習があります。北海道や東北地方だと、お母さんや子供の健康・体調を考えて、寒い時期をはずして暖かくなってから行く場合もあり、あまり日にちにこだわるのは現実的ではないといえます。

 

3 お宮参りの際の服装とは

お宮参りをする際には、赤ちゃんには「白羽二重」の着物を着せます。その上に紋がついた祝い着を羽織らせるというのが正式であるとされています。赤ちゃんに祝い着を着せた場合には、大人は正装することが望ましいとされます。特に祖母や母親は紋付の礼装があると良いでしょう。

 

最近では、レンタルの衣装があり赤ちゃんにはベビードレスにケープをかけるといった場合が多く、付き添いの大人はスーツ・ワンピース、また訪問着などを着用していていますが、ポイントは全体としてバランスが取れているかどうかです。

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

日本にも広がりつつある「ドゥーラ」知っていますか?アメリカの産後を支える女性達

   「ドゥーラ」とはギリシア語で「ほかの女性を支援する経験豊かな女性」という...

赤ちゃんに最年長の人がお祝い膳を食べさせる?!お食い初めの作法について

   お食い初めという言葉は出産前などに聞いたり、雑誌等で見かけたりしたことが...

産後の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る