カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. ストレス >
  6. 周囲の過干渉や過度の建前が原因になることも…虐待を生み出す様々な環境

育児・子供の病気

周囲の過干渉や過度の建前が原因になることも…虐待を生み出す様々な環境

様々な原因で発生する赤ちゃんへの虐待ですが、その背景には母親に対する様々なプレッシャーやストレスがあります。虐待を防止するためにもこのような原因・背景について具体的に理解することが重要です。

 

1 母親に対する様々な建前による呪縛

どんな赤ちゃんでもかわいいもの、愛おしいもの、そして母親は無限の愛情を注ぐべきもの、このような建前が平然と語られます。しかし、母親だって人間ですから、時には赤ちゃんがかわいくないと感じることもあれば、イライラすることだってあるはずです。

 

母親も精神的に未熟な場合があり、さまざまな状況で自分をコントロールできなくなり、上記の建前の通りにいかなくなると、そのストレスが結果として自分よりも弱い存在である赤ちゃんに向かってしまう、そんなこともあるのです。

 

また、母親はこうあらねばならないという建前に縛られて、子供がかわいいと思えないのにかわいいと思わなければならないという本音と建前のギャップが大きなストレスになることもあります。そのような場合は、自分を責めるようなことをせず子供を愛せないことも全く正常なのだと自分を認めることが大変重要となります。

 

2 子育てによる過干渉

今は少子化の時代で、一人の赤ちゃんに対しておじいちゃん・おばあちゃん、場合によっては親戚の人々も生まれてきた赤ちゃんが可愛いあまり、よかれと思ってお世話を申し出たり、様々なアドバイスをくれます。しかし、これらは時としてお母さんが考えている方法と違ったり、むしろ間違っていると思う場合もあります。このように、子育てに対する周囲の過干渉は母親にとって何の助けにもならず、母親にとってはただ単に辛いだけで余計にストレスを感じてしまうのです。

 

育児をする上で少しでもストレスを抑えるには、建前にとらわれず、そして周囲とのコミュニケーションで自分が育児しやすい環境づくりをすることが大変重要であるといえます。

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレスに関する記事

両家にとっての初孫…孫を甘やかしがちな祖父母に「甘やかさないで!」と言いたい時の対処法

夫婦の間に子どもができ、そのお子さんが両家にとっての初孫だった場合、両家のじぃ...

子どもを叩いてしまう…まだ間に合う!育児の悩みを劇的に解決する魔法

  お子さんがなかなか言うことを聞いてくれないとき、どうしていますか?始めは穏や...

ストレスの体験談

私の産後うつ体験談。当時の日記を抜粋します。

息子が生後3ヶ月頃です。 私は産後うつ状態で毎日のように泣いていました。 実家から遠く離れた...

二児のママになり今までで最大の地獄

 二人目が生まれて三か月。今日は本当に大変でした。主人は愚痴を聞いてくれないし、誰も話を聞いてくれな...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る