カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 1~2歳 >
  5. 飛行機で赤ちゃんと旅行!移動日当日に気をつけること

育児・子供の病気

飛行機で赤ちゃんと旅行!移動日当日に気をつけること

飛行機で初めて旅行する日がいよいよ来ました。ほとんどのパパとママはドキドキして、不安なまま空港に到着することでしょう。では、飛行機で移動する当日、具体的にどのような点に気をつければ良いのでしょうか。

 

1 余裕をもったスケジュールで

よく空港でギリギリに到着して赤ちゃんを抱えて必死に走っているパパとママがいますが、これでは赤ちゃんもストレスを抱えて、空の上でぐずってしまう可能性が高くなります。機内でおとなしくしているのは、子供にとっては退屈です。可能な限り、空港には早めに到着してキッズコーナーなどで遊んでおくと、機内でおとなしくしてくれるようになります。

 

2 機内でも遊ぶ環境を整えてあげよう

機内にも子供用に絵本などが用意されています。乗り込む際や赤ちゃんを見つけたキャビンアテンダントが絵本を渡してくれる場合もあります。離陸前に赤ちゃんが遊べる環境を作ってあげることが重要です。また、飛行機に乗ると受け取るタオルを使って、いろいろなものを作って子供と遊ぶのも良いでしょう。

 

3 離着陸のときに何か食べさせる

離着陸のときは急激な気圧の変化で耳が痛くなる人も多いはず。そのようなときに大人だったらつばを飲み込んだりして対応することができますが、赤ちゃんはなかなかうまく対応できません。そのため、赤ちゃんの耳がツンとして不快に感じたと思ったら、離着陸時に何か飲食させると良いでしょう。

 

離陸時は赤ちゃんがビックリして大きく泣いてしまう可能性もあります。これを防ぎたい場合は、授乳期の赤ちゃんであれば離陸前から授乳しはじめれば、大きく泣かずに離陸できるでしょう。

 

小さな赤ちゃんを連れての旅は緊張しますが、出来る限り余裕をもって、赤ちゃんの立場にも立って環境づくりをしてあげれば、楽しい空の旅になるでしょう。

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

1~2歳に関する記事

どうしよう!幼い子どもをつれての飛行機移動…飛行機で子どもを飽きさせない方法

お子さんが生まれて、家族皆で旅行へ行く・実家へ帰省する等の理由から、飛行機を...

たっち~あんよ時期(1歳-1歳6ヶ月頃)の赤ちゃんのお散歩時の紫外線・虫除け対策

1歳~1歳6ヶ月の時期の赤ちゃんは危なっかしくも歩けるようになっている子が多いで...

1~2歳の体験談

ここは自宅ではないですよ!外出先でのおむつ替えマナー

私自身が体験した。。というか外出先で遭遇した出来事なのですが、反面教師として自分と夫の行動を考えよう...

☆子育てサークル☆ いろいろ経験できました。

ドキドキの初めてのサークル見学会を終え、待ちに待ったサークルの日がやってきました。 見学会が7...

カラダノートひろば

1~2歳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る