カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 健診・検査内容 >
  4. ママから免疫をもらえない病気、生後しばらくでないと発見されない病気…乳児健診は必ず受けよう

育児・子供の病気

ママから免疫をもらえない病気、生後しばらくでないと発見されない病気…乳児健診は必ず受けよう

産まれたばかりの赤ちゃんは初めて外の世界に触れて、様々な病気の原因となる物質にも触れることとなります。

 

そこで、乳児期の子供の病気として、気をつけておきたいポイントをしっかりと理解しておきましょう。

 

お母さんから免疫がもらえる病気とそうでない病気がある!

最もありふれた病気の一つが風邪ですが、これはママからもらった免疫のおかげで、生後6ヶ月ぐらいまでは風邪をひきにくいといえます。

 

おたふくかぜ・麻疹・風疹は免疫をもらえます

また、おたふくかぜ・麻疹・風疹についても、ママが免疫を十分に持っている場合には、赤ちゃんもその免疫をもらっているので、生後8から10ヶ月ぐらいまではかかりにくいということがわかっています。

 

結核や百日咳は免疫をもらえない

他方で、結核や百日咳についてはママから免疫をもらうことができません。

そのため、周囲から感染するリスクがあります。この場合、生後早い時期でも発症する場合があります。

 

また、水痘については、ママから免疫をもらえるのですが、残念ながら生後1ヶ月と早い時期になくなってしまうので、感染してしまう可能性があり、注意が必要です。

 

誕生してしばらくたってから発見されることも

子供の先天性疾患は妊娠中または、出産直後の検査で全てわかるわけではありません。

以下の病気は生後しばらくたたないと発見されません。

 

・先天性股関節脱臼(股関節の骨がずれたり、はずれたりする)

・斜頚(くびの片側にしこりが見られる)

・幽門狭窄症(胃の出口が狭くなっている)

 

以上のように、出産直後であっても、子供は一部の病気については免疫がないこと、そして、先天性の病気が後から発見される場合もあるので、出生直後の乳児健診は必ず受けるようにしましょう。

 

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

健診・検査内容に関する記事

乳幼児健診・歯科健診・小児科選びなど健診・検査まとめ

赤ちゃんや子どもがどのくらい成長しているのかを確認することのできる「乳幼児健...

小児科と小児外科は何が違うの?

小児科の分類は「小児科」と「小児外科」に分かれています。   小児科と小...

健診・検査内容の体験談

自分に合った小児科を選ぶポイント

小児科を選ぶ時、どんなところを重要視するかは人それぞれですが、私は娘が生まれてから、小児科を3件ほど...

カラダノートひろば

健診・検査内容の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る