カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳育児がうまくいかないでもあきらめないで!母乳で育てたい、生後1-3ヶ月までの母乳育児

育児・子供の病気

母乳育児がうまくいかないでもあきらめないで!母乳で育てたい、生後1-3ヶ月までの母乳育児

生後1ヶ月を過ぎてきた赤ちゃんは、徐々に目覚める時間も少しずつ増えてきます。この生後1-3ヶ月の赤ちゃんへの母乳育児はどのように行っていけば良いのでしょうか。

 

生後1ヶ月以降の赤ちゃんへの母乳育児

生後1ヶ月までは、赤ちゃんに母乳を与えるのも、なかなか難しいものです。赤ちゃんが欲しがる度におっぱいを与えようとして、なかなかうまく吸ってくれない場合もあったでしょうし、赤ちゃんが快適なポジションを探すのになかなか苦労したのではないでしょうか。

 

しかし生後1ヶ月が過ぎてくると母乳育児が軌道にのってくる時期です。ある程度、ママも授乳に関してコツもつかんで来ることでしょう。

ここで一点注意しなければならないのは、生後からの授乳回数が1日5-6回以下の場合で、それ以外のときにミルクを与えていた場合には、1ヶ月を過ぎても母乳育児が軌道に乗らない可能性があります。

 

なぜなら、赤ちゃんは乳首と哺乳瓶の口の両方を吸っていて、後者の方を好きになってしまうとあまりおっぱいを飲まなくなり、これによりママの母乳の出が悪くなってしまうからです。

 

母乳育児をあきらめるにはまだ早い!

だからといって母乳育児を諦めるにはまだ早いといえます。

混合栄養のママは、まだ母乳が出続けているので、完全母乳へと切り替えることは可能でしょう。赤ちゃんの様子をみながら、徐々にミルクの与える量を減らしていきましょう。

ここでのポイントは根気よく行うことです。一時的にミルクの量が増えてもかまいません。1週間単位でミルクの量が減っていけば大丈夫でしょう。

 

この時期で赤ちゃんへ母乳かミルクか、混合栄養を与えるか決まります。子供にどのような食育をすべきかしっかり考えることが大変重要です。

 

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

授乳に関する記事

この量でいいの?ミルク育児の疑問あるある

ミルク育児でよくある悩みといえば「どのくらい飲ませて良いのか」ということ。母...

出産後、早く社会復帰するためにミルクで育てたい…注意する事は?

妊娠中から社旗復帰に向けての計画をしっかり立て、出産したらなるべく早く社旗復...

授乳の体験談

生後11か月☆ミルクと離乳食のバランスに悩み中

三女、11カ月になりました! 1歳まであと1か月かぁ~と思いながら体重を計ってみたら・・・・あれ増...

おっぱいトラブル!乳首に白斑!!

現在、2歳になる息子は1歳2か月の卒乳まで完全母乳で育ちました。 私は初めての出産ではありましたが...

カラダノートひろば

授乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る