カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. その他 >
  5. 支援制度 >
  6. 仕事に復帰する意欲が大事!うつ病の回復とその後の行動について

メンタル

仕事に復帰する意欲が大事!うつ病の回復とその後の行動について

motivation1_200_150.jpg

■タイミングが重要な仕事復帰


順調に治療が進み、いわゆる「回復期」に入ると、勤めている人であれば、そろそろ会社に復帰するかどうかを検討することにあります。

ただ、すっかり回復したかどうかの見極めが難しいうえに、再発の可能性を考えると復帰のタイミングは、医師もかなり慎重になります。

見極めるのはもちろん主治医ですが、家族も本人の家での様子について主治医にきちんと伝えることも大切です。主治医はそうした情報も得ながら、その時期を判断します。

復帰の前提としては、まず本人が仕事に復帰する意欲を持っているかどうかです。さらに重要なことが、本人が仕事にどれだけ耐えられるかという判断です。
仕事の負担に耐えられる程度に十分に体力や精神力が回復して、なおかつその状態が安定して続いていれば、復帰の時期がきたと考えられます。現実的には、1人で通勤できるかどうかもひとつの目安になります。

ただし、たとえ本人が復帰に意欲を示しても、十分に回復していないのに「長く休んでしまって、みんなに迷惑をかけたから」「早く復帰しないと社内で不利になるから」と思って復帰を急ぐ人がいることです。むしろ回復が不十分な時期の方が復帰を焦る気持ちが強くなるものです。
仕事の遅れを早く取り戻したいという気持ちが焦りの気持ちを募らせてしまうのです。
このような状態で復帰させれば、再発の危険はかなり高くなってしまいます。
本人に焦りの気持ちがあると思える場合には、たとえ本院は復帰の意欲があっても復帰させるのは考え物です。復帰にあたっては次のようなことに注意します。

■適応の順序


・はじめは「慣らし運転」のつもりで
職場に復帰すると、遅れた分を取り戻そうと思い、ついがんばってしまいがちです。くれぐれもそのような考え方はしないようにして、ゆっくりと時間をかけて適応していきます。

・何事も「ほどほど」に
まじめな人ほど仕事に一生懸命になってしまいますが、復帰後は完ぺき主義を捨てて、何事も「ほどほど」にという姿勢が大切です

・常に心に余裕を
なんでも完全を目指すと心も体も余裕がなくなります。常に余裕を持って生活するようにします。

・考え方をプラス思考に
うつ病になったときは、どうしても「悪いほうへ悪いほうへ」と考える、いわゆるマイナス思考に陥りがちでしたが、これからは意識的に何事も「よいほうへよいほうへ」と考え、プラス思考をするようにしましょう。

・早く注意信号に気付く
一度うつ病を経験していますから、症状についてはよくわかっているはずです。下痢や頭痛、胃痛、不眠など、またストレスを強く感じたと思ったら、それ以上がんばらないようブレーキをかけます。

(photo by //allabout.co.jp/gm/gc/298194/ )

著者: yasuさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

支援制度に関する記事

うつ病で休職したいときに必要な手続き書類、休職の流れを知ろう

うつ病では、安静をするために会社を休まなければならないこともあります。会社を休...

国や自治体で社会復帰を支援する制度

  うつ病になると普通の生活を送ることが困難になってきます。仕事も休まなければ...


自立支援医療制度の「負担上限金額」と「高額治療継続者」とは

  継続的なうつ病の治療に対して、治療費を国が負担してくれる制度が自立支援医療...

うつ病は長期的な治療が必要?自立支援医療制度の申請について

  うつ病は長期的な治療による家計への負担が大きくなるところにも問題があります...

カラダノートひろば

支援制度の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る