カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 多胎(双子) >
  4. 双子が一つの胎盤を共有する『双胎間輸血症候群』のレーザー治療とは?

妊娠・出産

双子が一つの胎盤を共有する『双胎間輸血症候群』のレーザー治療とは?

双子を妊娠した際に、胎児が一つの胎盤を共有してしまい互いの栄養状態に偏りが生じる場合があり、これを『双胎間輸血症候群』と言います。この病気では、胎児同士の血管が繋がっている場合が多く、一方は少なく、一方が過剰に供給されることになり、出生後に脳の障害が生じたり、死産になることも多いと言われています。そして現在、全国7箇所の医療機関で先進医療として行われている治療法に『レーザー療法』があります。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

双胎間輸血症候群とは?

胎児は血管で胎盤とつながり、胎盤を通じて母親から酸素や栄養をもらっています。一卵性の双子においては、一つの胎盤を共有していることがあり、その場合所々で胎児同士の血管がつながっています。この構造により、一方の胎児(供血児)の血液がもう一方の胎児(受血児)に取られてしまい、偏りが生じるのが『双胎間輸血症候群』です。発生の割合は、妊娠全体の0.4%程度と言われていますが、その発生の仕組に関しては不明とされています。

 

<合併症・生存率について>

『双胎間輸血症候群』では、以下の合併症が報告されています。

 

◆供血児の場合

体を包む羊水が極度に不足し、【低血圧や発育不全】を引き起こす可能性がある。

◆受血児の場合

羊水が過剰となり、【高血圧や心不全】を引き起こす可能性がある。

 

⇒治療しなければ、80~90%の確率でどちらか一方は死亡するという報告があります。

 

⇒標準的な治療法としては、『受血児側で過剰な羊水を吸い出す』方法が行われますが、1人が助かる確率は50~60%(そのうち、4分の1に脳神経の後遺症が現れる可能性がある)と言われています。リスクの高さから、中絶を選択する方もいるということです。

 

治療法の詳細について

<レーザーによって血流を遮断する治療法>

 

『双胎間輸血症候群』の新たな治療法(先進医療)として期待されているのが、『レーザーによる血管凝固手術』です。この治療法は、1990年代に米国で始まり、日本には2002年に聖隷浜松病院(浜松市)が導入したことから広まって、現在では7施設において手術が実施(2009年時点で500例の手術)されています。

 

<手術の対象とは?>

 

1)妊娠16週以上26週未満であること。

2)供血児側と受血児側の羊水の量が、ともに基準に比べ異常なケース。

3)破水、切迫流産・切迫早産の兆候、母体の感染症がないこと。

 

<実際の手術の順序について>

 

1)妊婦の腹部から、直径約4mmの筒状の器具を受血児側の羊膜内に挿入し、内視鏡とレーザー光源を送り込む。

2)モニターで画像を見ながらつながった血管を発見し、レーザーを照射して血流を遮断する。

3)血流遮断が確認できたら、過剰な羊水を吸引し、1~2時間程度の手術で終了する。

 

<臨床試験の結果について>

 

国立成育医療研究センターの分析によると、以下の成績が報告されています。

 

◆レーザー治療を導入した4施設における治療成果(2002年7月~2006年12月までの181例)

◇少なくとも1人を出産できた・・・165例(91%)

◇2人を出産できた・・・117例(65%)

◇重い脳神経障害発生率・・・生存例の5%

 

となり、高い生存率・低い障害発生率が確認された。

 

(参考ホームページ:熊本日日新聞社・医療QQ)

 

最後に

上記のように、臨床試験では高い有用性が確立された手術ではありますが、産婦人科医であっても認知度が低い・実施施設が少ないなどの問題点があります。今後、さらなる進展を期待したいところです。

 

(photoby: //pixabay.com/ja/ )

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多胎(双子)に関する記事

母体だけでは無い?!多胎妊娠の胎児へのリスクとは?

単胎妊娠にくらべ多胎妊娠の胎児へのリスクはどのくらいのものなのでしょうか? ...

双子妊娠はリスクばかり?双子妊娠・出産のメリット♪

双子を妊娠したら、多胎妊娠についてよく知らない人からは「楽しみね」などと言わ...

多胎(双子)の体験談

あれ?全然体重減らない!産後の私のおなかの様子

結局出産前には全部で14キロ増加しました。娘のときは12キロだったので双子だったことを考えるとまぁ優...

双子を妊娠32週で出産。未熟児、どうなる!?

私は28週で切迫早産と診断され、寝たきり入院生活に入りました。そして33週になろうかというところで急...

カラダノートひろば

多胎(双子)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る